モータプロテクタ Schneider Electric

データシート
その他
RoHSステータス: 該当なし
COO(原産国): FR
詳細情報

Schneider Electric | GV2M シリーズ | モータ保護回路ブレーカ

高電圧、短絡、リレーのシャットダウンによる過負荷などの障害からモータを保護することは、ダウンタイムがビジネスやその動作に悪影響を及ぼす可能性がある時代に欠かせません。Schneider Electric は、 GV2M シリーズモータ保護回路ブレーカとして知られる信頼性の高い堅牢なシリーズを構築し、デバイス間の仲介役として機能し、予期しない事態が発生した場合に重要な機器を保護します。

特長と利点:

• 3 個の南京錠を使用して、 N/C 位置をロックする柔軟性があります。

•モータ保護スイッチプッシュボタン式制御タイプ。簡単に識別できるボタンを備え、赤色で色分けされています。

•電気的 / 機械的耐久性が 100,000 サイクル

•軽量・堅牢・コンパクト設計の GV2M シリーズは、狭いスペースに最適です。

•単独で使用する場合、 MPCB は手動又はローカル制御を備えています。コンタクタと組み合わせることで、自動 / リモート制御にアクセスできるようになります。

•スプリング Terminal and スクリュークランプが利用可能。

保護等級及び安全機能:

•外部ユーザーから直接接触しても部品にアクセスできないため、 MPCB 周辺の作業の安全性が向上します。

•回路ブレーカに内蔵されたユニットを保護するための熱磁気トリップ技術。

• EN60204 、 IEC60947-1 、 IEC60947-2 、 IEC60947-4-1 標準定格(データシートの全リスト)。

• ATEX 、 BV 、 CCC 認定CSA その他(データシートの全リスト)。

• IEC60529 準拠の IP20 等級の保護 - 人の指などの固体に対する保護を強化。

• IK04 等級の保護 - デバイスに対する最大 0.5 ジュールの衝撃では、保護が制限されます。

用途:

•電気モータの制御と保護

•取り付けレールにネジまたはクリップで固定することで、あらゆる構成に簡単に組み立てられます。

適切なモータ保護サーキットブレーカを選択するには?

MPCB は今まで以上に重要になっています。現在、ほとんどのインフラストラクチャでは、背後にあるモータを使用して、暖房、換気、冷却などの重要な無停電システムに電力を供給しています。これらのシステムはすべて許可されています。これらのシステムは、ビジネスの生産性を確保するために不可欠であるため、過電流、熱過負荷などから保護する必要があります。

適切な MPCB を選択するには、お客様とお客様のビジネスに依存するシステムを考慮してください。各 MPCB の機能と利点をチェックすることは、保護する重要なインフラストラクチャを決定する際に非常に重要です。

備考

最大 15 kW の TeSys コンタクタとの併用向け - 代表的なコンタクタについては、品番を参照してください 394-9813 ) )

認可

UL、CSA認定

仕様
特性
電流範囲 1.6 → 2.5 A
極数 3P
範囲 TeSys
遮断容量 3 kA
ターミナルタイプ ねじ
定格電圧 690 V
長さ 89mm
44.5mm
深さ 78.2mm
寸法 89 x 44.5 x 78.2 mm
シリーズ GV2M
1 国内在庫あり - 通常1営業日でお届け
単価: 購入単位は1個
4,417.00
(税抜)
4,858.70
(税込)
単価
1 +
¥4,417.00