Texas Instruments 周波数シンセサイザ 230MHz, 1.7~1.9 V, 14-Pin TSSOP

データシート
その他
RoHSステータス: 適合
詳細情報

PLL周波数シンセサイザ、Texas Instruments

Texas InstrumentsのPLL (フェーズロックループ)周波数シンセサイザ / 発生器には、さまざまなアーキテクチャと構成のモデルが用意されています。

周波数シンセサイザ

単一のマスタ発振器又はクロックから周波数範囲を生成する機能を備えた周波数シンセサイザです。 DDS (ダイレクトデジタルシンセサイザ)アーキテクチャと間接PLL (フェーズロックループ)アーキテクチャで利用でき、さまざまな通信 / 処理用途に使用できます。 周波数ミキシング、増倍、分周に役立ちます。

仕様
特性
1チップ当たりのエレメント数 1
最大供給電流 11 mA
最大入力周波数 160MHz
実装タイプ 表面実装
パッケージタイプ TSSOP
ピン数 14
寸法 5 x 4.4 x 1.15mm
長さ 5mm
4.4mm
高さ 1.15mm
動作供給電圧 Max 1.9 V
動作温度 Max +85 °C
最大出力周波数 230MHz
動作供給電圧 Min 1.7 V
動作温度 Min -40 °C
1 国内在庫あり - 通常1営業日でお届け
6 海外在庫あり - 通常4営業日でお届け
単価: 購入単位は1個
482.00
(税抜)
530.20
(税込)
単価
1 - 9
¥482.00
10 - 19
¥434.00
20 - 49
¥412.00
50 - 249
¥391.00
250 +
¥334.00
お取り寄せ注文不可の商品です
梱包形態