Phoenix Contact スイッチング電源 (DINレール取付), 2902879, 出力:80A 入力電圧:DC 24V dc/

  • RS品番 168-2499
  • メーカー型番 2902879
  • メーカー/ブランド名 Phoenix Contact
データシート
その他
RoHSステータス: 該当なし
詳細情報

Phoenix Contact QUINT ORING Redundancy Modules

The Phoenix Contact QUINT ORING is a DIN rail mountable active redundancy module with ACB technology and monitoring functions. Using a redundancy module it is possible for two power supply units of the same type connected in parallel on the output side to increase performance or for redundancy to be 100% isolated from one another.

Features and Benefits

• Low-loss decoupling of power supply units connected in parallel
• Preventive function monitoring
• Auto Current Balance (ACB) technology
• MOSFET’s help save up to 70% energy
• Uniform load distribution helps to double the service life

ACB (自動電流バランス)テクノロジーと監視機能を備えたDINレール取り付け対応アクティブQUINT冗長性モジュール、入力: 24 V dc / 2 x 40 A、出力: 24 V dc / 1 x 80 A、UTA 107/30汎用DINレールアダプタを装着済み

並列接続された電源ユニットの低損失デカップリング予防的な機能監視自動電流バランシングテクノロジー

スイッチモード - Phoenix Contact 単相及び 3 相電源

技術的特性と競争力のある価格をベースにした電源製品は、パネルメーカーや標準的な機械製造、既存の電源の代替品、又は同等の用途に最適です。

仕様
特性
シリーズ QUINT-ORING/24DC/2X40/1X80
代表規格 CE EN61000-6-3, CUL, EN50178 / VDE0160 (PELV), EN60950-1 / VDE0805 (SELV), EN61000-4-2, EN61000-4-3, EN61000-4-4 / EN61000-4-5, EN61000-6-2:2005, EU指令2014/30/EU, IEC/EN61000-4-6, IEC60950-1 (SELV) / EN60204-1 (PELV), UL ANSI/ISA-12.12.01, UL/c-UL認定、UL508, UL/c-UL認定、UL60950-1
2 海外在庫あり - 通常4営業日でお届け
単価: 購入単位は1個
62,338.00
(税抜)
68,571.80
(税込)
単価
1 +
¥62,338.00