XPSMCM 監視モジュール Preventaモジュラセーフティコントローラ用 DINレール取付 22.5 x 99 x 114.5 mm Schneider Electric スイープブラシ用ハンドル

  • RS品番 111-3516
  • メーカー型番 XPSMCMEN0200SC
  • メーカー/ブランド名 Schneider Electric
データシート
その他
RoHSステータス: 該当なし
COO(原産国): IT
詳細情報

Preventa安全速度監視モジュール、XPSMCM

Preventa XPSMCM安全速度監視モジュールは、ゼロ速度制御、最大速度(制限速度)、速度範囲、及び方向を監視する目的で設計されています。 拡張モジュールは、22.5 x 99 x 114.5 mmというコンパクトな設計で、標準的なセーフティリレーとサイズが同じです。

特長と利点:

各論理入力(軸)ごとに最大4つの制限速度しきい値(SoSafe構成ソフトウェアで自由に設定可能)を論理的に選択可能
最大入力周波数は、エンコーダ監視用が500 kHz、近接センサ用が5 kHz
インクリメンタルエンコーダ及びPNP / NPN近接スイッチで構成可能
取り外し可能なねじ式端子台でマシンのバス又はネットワークチャンネルや電源を接続
対称型DINレールロッククリップ
グリーンプレミアム製品
RoHS対応

品番111-3515

Sin / Cosエンコーダ用入力 x 1 + 近接スイッチ用入力 x 1又は2
RJ 45 (ENC1) x 1及び近接センサ配線用の端子台
エンコーダ用RJ 45コネクタ(モデルによって1つ又は2つ)及び近接スイッチ用端子台を装備

品番111-3516

Sin / Cosエンコーダ用入力 x 1又は2 + 近接スイッチ用入力 x 1又は2
RJ 45 (ENC1 / ENC2) x 2及び近接センサ配線用の端子台
エンコーダ用RJ 45コネクタ(モデルによって1つ又は2つ)及び近接スイッチ用端子台を装備

品番111-3523

近接スイッチ用入力 x 2
近接センサ配線用端子台
エンコーダ用RJ 45コネクタ(モデルによって1つ又は2つ)及び近接スイッチ用端子台を装備

備考

XPSMCMシステムは、TUV SUDの認定を受け、EN / ISO13849-1 PLeカテゴリ4、SILCL 3 IEC / EN61508、IEC / EN60261の各規格に準拠しています。

認可

CE、cULus、TUV

仕様
特性
範囲 Preventa
シリーズ XPSMCM
タイプ 監視モジュール
併用可能製品 Preventaモジュラセーフティコントローラ
電源電圧 24 V dc
メッセージ 通信、I/Oメッセージ、電源、リセット
接続タイプ RJ45
ディスプレイ込み あり
取付方法 DINレール
寸法 22.5 x 99 x 114.5 mm
一時的な在庫切れ - 2020/10/28に入荷し、その後4営業日でお届け予定
単価: 購入単位は1個
通常価格 ¥87,047.00
84,239.00
(税抜)
92,662.90
(税込)
単価
1 +
¥84,239.00