ABB セーフティコントローラ S46 v2シリーズ, セーフティ 入力 24 点, セーフティ 出力 16 点

  • RS品番 917-6689
  • メーカー型番 2TLA020070R1800
  • メーカー/ブランド名 ABB
データシート
その他
RoHSステータス: 該当なし
COO(原産国): SE
詳細情報

Pluto安全PLC、ベースユニット

ABB製のPlutoは「すべてマスタ」の安全PLCコンセプトを採用しているので、安全システムの設計を簡素化し、EN954-1に準拠した最高基準の安全カテゴリ4を達成します。 すべてのPlutoはマスタユニットで、他のPlutoの入力、出力、グローバルメモリを確認できます。 これによりPlutoは、他のPlutoからの情報を評価してから、独自の安全デバイスについて判断を行うことができます。 ゲートウェイユニットは、Profibus (733-4836)、CanOpen (733-4830)、Devicenet (733-4849)及びEthernet (733-4842)などの複数の異なるバスシステムで使用できます。 Plutoの入力(最小のユニットは16個のI/Oを搭載)は、入力又は出力として構成できます。 ABB製のPlutoファミリに属するほとんどのモジュールは、デュアル安全出力(電位フリー又はPNPタイプ)を備えています。 2線式バスシステムでは、最大32個のPlutoユニットを安全に接続でき、ゲートウェイ又はHMIディスプレイ経由で優れたシステムと通信できます。 このため、拡張システムでは、最大1472個のI/Oを接続できます。 さらに複雑さを増し、最適化するため、すべての入力コンポーネントも直列に接続できます。

シンプルで簡単なプログラミング性能
構成とインストールが簡単
最大640個のI/O
(IDFIX識別子を使用して)複数のPlutoをバスに接続した後、ゲートウェイを使用して外部ネットワークと接続可能、代表例はRS品番(733-4842)
高安全性レベル
無料のソフトウェアを用意
バス経由でプログラミング
35 mm DINレール取り付け
IDFIX (733-4824)は、バスシステムに接続する際、複数のPlutoを識別できる回路です。 このモジュールは、Plutoデバイスのネットワーク内でPLCプログラムを分散する場合に使用できます。
(733-2477)などのTinaアダプタは、外部の安全監視機器との接続に使用可能

備考

IDFIXデバイス(733-4824)は、入力端子IDと0 Vの間で接続します(単一のPlutoを使用する場合、IDFIXは必要ありません。ただし、Plutoデバイスをプログラミングする際、IDFIXが存在しないことを記述する必要があります)。

認可

TUV、FS、CSA

仕様
特性
範囲 Pluto
シリーズ S46 v2
入力/出力数 46
セーフティ入力数 24
セーフティ出力数 16
安全カテゴリ 4 EN954-1、PLe/Cat.4 ISO13849-1
電源電圧 24 V dc
コンタクトの定格電流 5.1 A
コンタクトの定格電圧 24 V dc
IP保護等級 IP20, IP40
寸法 90 x 84 x 118 mm
長さ 90mm
奥行き 118mm
84mm
11 海外在庫あり - 通常4営業日でお届け
単価: 購入単位は1個
151,281.00
(税抜)
166,409.10
(税込)
単価
1 +
¥151,281.00