Sick セーフティリレー, UE410シリーズ

  • RS品番 480-942
  • メーカー型番 6026136
  • メーカー/ブランド名 Sick
データシート
その他
RoHSステータス: 適合
COO (Country of Origin): DE
詳細情報

UE410 FLEXIClassicモジュラセーフティコントローラ、8つの選択可能な機能

これはUE410 FLEXIシステムのメインモジュールです。 ソフトウェアツールを使用せず、ロータリスイッチ及びAND、OR、バイパス、及びミュート機能を使用して8つのプログラムを設定できます(緊急停止プッシュボタン、Type IIIA及びIIIC両手操作制御、安全インターロックスイッチ、非接触スイッチ、テスト可能なType 2センサ、ホールドトゥランスイッチ、安全ライトカーテン及び安全ライトグリッド、安全レーザースキャナ及び2入力ミュートのミューティングセンサなど)。このベースユニットには4つの安全入力(2台のセーフティリレーに相当)、4つの半導体出力(検出された危険な動作のスイッチオフに使用)があり、さらに相互に独立又は依存して動作する2つのアプリケーションを制御できます(2台のセーフティリレーの使用に相当)。 拡張モジュールを使用することで、UE410 FLEXIシステムは8つの安全入力を追加できます(4台のセーフティリレーの追加に相当)。 これにより最大104の入力又は出力までシステムを拡張できます。 この方法で、最大6台のセーフティリレーに相当する機能を置き換え、配線、プログラミング、スペースをすべて節約できます。 EN 954-1の制御カテゴリ又はEN 61508のSILは、外部回路によって変わります。 EN 954-1のカテゴリ4の制御カテゴリ、又はIEC 61508のSIL3のアプリケーションにまで対応できます。 緊急停止機能は、EN60204-1の停止カテゴリ0又は1に対応します。 UE410 FLEXIシリーズは、メインモジュールUE410-MU、入出力拡張モジュールUE410-XU、入力拡張モジュールUE410-8DI、出力モジュールUE410-2RO及びUE410-4RO、診断モジュールUE410-DEV (DeviceNet)、診断モジュールUE410-PRO (Profibus-DP)から構成されます。

最大104の入力又は出力までシステムを拡張可能
複数のモジュールを互いに接続し、内部バスを使用してユニット間で通信可能
必要なロジックと機能は、モジュールのロータリスイッチで指定
キャビネットスペースを50 %節約: ベースユニットは22.5 mmのハウジングで2台のセーフティリレーと同等の機能を備え、最大6台のセーフティリレーに相当する機能まで拡張可能
ソフトウェアを使用しないシンプルなコミッショニング: ロータリスイッチを使用したロジック機能で8つのプログラムを組み合わせ可能
内部バス使用による劇的な配線の削減。 ロジックブロックは設定済みのロータリスイッチを使用して選択できるため、ロジックの構築に通常必要な配線が必要ありません。 装置を接続してスイッチを設定するだけです。
リレー拡張
診断及びフィールドバスオプション: ユニットのLED表示にステータス情報を表示、DeviceNet及びProfibus通信モジュールを使用してこの情報を出力可能

仕様
特性
電源電圧 30 V dc
チャンネルの数 1, 2
安全カテゴリ ISO 13849-1 4
SIL IEC61508 3
パフォーマンスレベル ISO 13849-1 E
シリーズ UE410
構成可能 あり
深さ 120.8mm
長さ 96.5mm
22.5mm
39 海外在庫あり - 通常4営業日でお届け
単価: 購入単位は1個
61,672.00
(税抜)
66,605.76
(税込)
単価
1 - 5
¥61,672.00
6 +
¥59,023.00