Phoenix Contact ねじ止め端子D-subコネクタ 9極 ライトアングル メス

  • RS品番 324-9371
  • メーカー型番 2799490
  • メーカー/ブランド名 Phoenix Contact
データシート
その他
未対応
COO(原産国): DE
詳細情報

Phoenix Contact SUBCON-PLUS RS-485 D-Subコネクタ

SUBCON-PLUS 9ピンフィールドバスD-subコネクタには、2つのケーブルエントリ及び各ケーブル用のねじ止め端子台が付いているので、RS-485インターフェイスを内蔵したフィールドバスシステムが実現します。 端子台はコネクタハウジングの上部又は下部に配置できるので、左からでも右からでもケーブルを挿入できます。 これらのSUBCON-PLUSフィールドバスRS-485 D-subコネクタは、高速伝送、EMIシールドに対応したメタライズドABSハウジングによる高レベルのEMCを備え、6 → 10 mm2のケーブル断面積に対応します。
品番648-3489は、9極D-subソケットで、Modbus、Modbus-PLUS、BITBUS、ARCNET、MULT/MININET(B&R)、SYSTEM 2003 (B&R)、P-NET用に35 °の角度が付いたケーブルエントリを2つ備えています。
品番324-9371は、9極D-subソケットで、SUCONET K1、K2 (EATON/Moeller)、S-BUS (Saia)及びJ-BUS (Merlin Gerin)用に35 °の角度が付いたケーブルエントリを2つ備えています。
品番324-9400は、9極D-subソケットで、ModbusとCEGELEC用に35°の角度が付いたケーブルエントリを2つ備えています。
品番801-8933 (ピン)及び801-8964 (ソケット)は、9極D-subソケットで、ユニバーサルなピン配置に対応するよう35 °の角度が付いたケーブルエントリを2つ備えています。
短い取り付けねじついては、品番801-8961を参照
スクリュードライバについては、品番390-9663を参照

BUSコネクタ

Bitbus、CAN-Bus、Interbus-S(Fieldbus)Profibusシステムに適した再配線可能なバスインターフェイスコネクタです。 コンパクトで高品質な9極sub-Dハウジングは、バスノードタイプとバス終端タイプから選択可能で、容易に識別できるように色分けされています。 サービスノードはCAN-Bus及びProfibusシステム用にも選択できるため、オンラインプログラミングと修理が可能です。 各インターフェイスには、詳細な組み立て説明書と取り付けアクセサリが付属しています。

水平又は垂直ケーブルアウトレットタイプを用意
基板取り付け用のねじ端子により、すばやく確実な接続を実現
バス終端部分にSMT終端抵抗を採用
色分けされたボディにより、設置と修理が容易
完全に絶縁されたハウジングによる安全なESD保護
信頼性の高い圧着ストレインリリーフが付属

仕様
特性
オス/メス メス
コンタクト数 9
ボディ向き ライトアングル
深さ 16mm
動作温度 Max +75°C
動作温度 Min -20°C
60mm
10 海外在庫あり - 通常4営業日でお届け
単価: 購入単位は1個
4,992.00
(税抜)
5,491.20
(税込)
単価
1 - 24
¥4,992.00
25 - 74
¥4,743.00
75 - 199
¥4,244.00
200 - 399
¥4,033.00
400 +
¥3,831.00