RS PRO 熱電対センサ, Kタイプ, ケーブルタイプ +1100°C, 150mm IEC

  • RS品番 397-1264
  • メーカー/ブランド名 RS PRO
データシート
その他
RoHSステータス: 適合
COO(原産国): GB
詳細情報

RS ProタイプK無機絶縁熱電対、プレーンポットシール、リード付き

RS ProタイプK熱電対温度センサシリーズは、クラス1の許容差でIEC584標準に準拠し、精度を最適化しています。このセンサ又はプローブは、高耐久構造で、ステンレススチール310プローブ被覆とPFA絶縁リードを特長としています。無機絶縁フレキシブルプローブ被覆は曲げて成形できるため、さまざまな用途に適しています。この熱電対には、電気的干渉を低減するシングル素子の絶縁熱接点、及び定格温度200 °Cのプレーンポットシールがあります。

熱電対の仕組み

熱電対は、幅広いさまざまなプロセスで温度測定に使用するセンサです。異なる金属でできた2本のワイヤレッグを2か所の先端部で接触させて、2か所の接点を形成します。熱接点(測温接点)は、温度測定対象のボディに接続されます。冷接点(基準接点)は、既知の温度のボディに接続されます。測温接点を熱源に配置すると、この接点と基準接点の間に電圧差又は電位差が発生します。この電圧は、熱電対参照表を使用して温度測定値に変換されます。このプロセスは、ゼーベック効果とも呼ばれています。

絶縁接点とは何ですか?

絶縁接点又は非接地型接点とは、熱電対のワイヤが相互に溶接され、外部保護被覆で完全に覆われ、絶縁される箇所です。多くの場合、無機絶縁が利用されます。この接点の利点は、電気的干渉が減少し、安定した読み取りが可能であることです。

無機絶縁とは何ですか?

無機絶縁を使用して、他のワイヤから、及びその周囲を囲む金属プローブ被覆から、熱電対のワイヤを絶縁します。導体が固定接点以外で相互に接触しないようにするために、この被覆には高圧縮酸化マグネシウム粉末が充填されています。高密度の粉末鉱物により、熱電対では迅速な応答が可能になり、導体と被覆の間では、高速な熱伝導が促進されます。又、無機絶縁は、腐食などの環境ダメージからの熱電対ワイヤの保護、電気的干渉の防止、機械的強度とケーブルの柔軟性の維持に役立ちます。

特長と利点

• 高耐久310ステンレススチールプローブ被覆により、高い耐腐食性、耐酸化性を実現
• 精度を最適にするIEC584クラス1許容差
• 無機絶縁により柔軟性、耐久性、高性能を実現
• 絶縁熱接点により電気的干渉を低減
• 定格温度200 °Cのプレーンポットシール
• PFA絶縁リードにより、オイル、酸、液体に対する高い耐性、優れた機械的強度 / 柔軟性を実現

用途

タイプK熱電対(ニッケルクロム / ニッケルアルミニウム)は、熱電対の中でも最も一般的なタイプです。広い使用温度範囲に対応し、正確で柔軟性があります。この無機絶縁タイプK熱電対プローブの代表的な用途としては、熱交換器、発電所、レンガ / セメントキルン、熱処理、焼鈍炉、サーモスタット、食品温度計、車両診断、研究機関などが挙げられます。高圧及び真空用途に特に適したこれらの熱電体は、ハイレベルの振動にも耐久性があります。

備考

ポットシール最高温度は180 °Cに制限されます。

仕様
特性
熱電対タイプ K
プローブ径 3mm
プローブの長さ 150mm
プローブ材質 ステンレス鋼
最大検出温度 +1100°C
ターミナルタイプ ケーブル
ケーブル長 1m
基準適合 IEC
3 国内在庫あり - 通常1営業日でお届け
493 海外在庫あり - 通常4営業日でお届け
単価: 購入単位は1個
3,267.00
(税抜)
3,593.70
(税込)
単価
1 - 10
¥3,267.00
11 +
¥3,006.00