検索キーワード履歴

    電池端子

    電池端子とは、電池を電源として使用する機器や装置において、電池のプラス端子とマイナス端子に接続する接触端子のことです。通常、端子本体は誘電体、接触部は金属素材から作られています。電源に接続すると、端子から電流が流れます。

    電池端子の種類

    電池ホルダの端子は、コイル状のスプリングまたはスプリングコンタクトとフラットタブコンタクトが一般的です。したがって、電池端子には、電池スプリング端子や電池スナップ端子などの種類があります。

    このうち、電池プリング端子は電池バネ端子とも呼ばれます。現在、両極用のいわゆるコイル状の線バネと、正極または両極専用の金属板バネの2種類があります。このバネ型端子はリーフスプリングコンタクトにより、放電時に電池がわずかに膨らみ、その他の衝撃や振動による電池が外れることをある程度防ぎます。これにより、信頼性の高い接続を維持し、さまざまな長さの電池に対応することができます。

    使用する電池の種類によって、電池端子の形状や大きさが異なるため、使用する電池に応じて端子を選択する必要があります。

    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数