検索キーワード履歴

    ベアリング・シール

    ベアリング・シールは、回転や往復運動をする箇所・機構に用いる部品です。


    ベアリング


    ベアリングは、軸受とも呼ばれ、回転や往復運動する部品に接して荷重を受け、軸などを支えます。摩擦によるエネルギー損失や発熱を減少させ、部品の焼きつきや動作不良を防きます。輸送機械をはじめとして回転する部分がある機器には不可欠な部品です。ベアリングは、構造によってプレーンベアリング(平軸受)、ボールベアリング(玉軸受)、ローラーベアリング(ころ軸受)、カムフォロアなどがあります。RSコンポーネンツでは、ベアリング製品以外、ベアリングアクセサリも豊富に取り揃えています。


    シール


    シールは、部材の隙間にはめ込んで、液体や気体といった流体の漏れや外部からの異物の混入を防ぐための部品です。はめ込む部材により、シールはガスケットやパッキン、Oリングなどに分類できます。ガスケットとパッキンは、構造に気密性、液密性を持たせるために用いるシール材です。パッキンは回転や往復運動をするところに使われるシール、ガスケットは動かないところに使われるシールです。Oリングは、ゴムが使用される断面が円形(O形)の環型シールです。シールには、要件に応じて弾力性、圧力に耐えられる耐圧性、耐熱性(耐寒性)、液体に浸されない耐薬品性、長期安定性、取り外しが簡単にできるメンテナンス性などが必要です。