接着剤・シーラー・テープ

接着剤やのりは、片面又は両面(あるいは2品目)に塗布して貼り合わせ、分離しないようにするための物質です。接着剤は、アクリル系粘着剤、エポキシ接着剤、シリコン接着剤、ゴム / コンタクト接着剤など、さまざまな化学成分で構成されています。

接着剤の用途

2つ以上の面を互いに貼り合わせる必要がある場合に、接着剤が使用されます。家庭や職場で、修理や製造に使用されます。LoctiteやSuper Glueなどのブランドの接着剤は速乾性で粘着力が強く、家庭での修理によく使用されます。接着剤には、ホットメルト接着剤のように溶液や固形形態のものもあり、ホットメルトアプリケータガンを使用して塗布します。

接着剤は、汚染物質、腐食、錆に対する保護コーティングとして表面に使用することもできます。埋込用樹脂は、電子部品をカプセル化して、環境と機械的損傷から保護するために使用されます。

シーラーとは何ですか?

シーラーは接着剤に似ていますが、主な目的は、液体、ガス、空気の流れから保護するために、バリアを作ったり空隙を埋めたりすることです。シーラーは液体、半固体、泡の形態のものがあり、単一の化学物質又は混ぜ合わせて使用する2種類の化学物質で構成されています。シーラーを塗布する際、硬化と呼ばれる硬化過程が発生します。

シーラーの用途は何ですか?

シーラーは、多孔面や大小のキャビティで液体、気体、空気の流れに対するバリアを作るのに使用されます。特定の材料専用に開発されたシーラーもあります。シリコンシーラーは、多様な材料に使用できます。配管用パテは、配管工事においてパイプの先端を密封するために使用されます。発砲シーラーは、ノズル付きのアプリケータ又はガンを使用して大きなスペースに注入すると、膨張してキャビティ全体に充填されます。

粘着テープとは何ですか?

粘着テープは、粘着フィルムに裏打ちされた紙、プラスチック、布、又は発泡体製のキャリアで構成されています。粘着面が両面にある両面テープもあります。テープを素早く正確に貼るために、テープディスペンサーに載せることもできます。

粘着テープの用途は何ですか?

粘着テープは、粘着状の化学ボンドを使用してパーツを結合するのに使用します。オフィステープ、発砲テープ、ダクトテープは家庭や職場でよく使用されます。室内装飾では、ペンキが壁面等につかないようにマスキングテープが使用されます。配管では管用ネジを密封するためにPTFEテープを使用し、また電気工事では絶縁テープを使用してワイヤやケーブルを覆います。