スイッチ

電子回路ではスイッチが一般的に使用されます。スイッチにより回路のオン / オフを切り替えて回路を制御し、他の機能群を制御します。

製品の機能

電子スイッチはバイナリデバイスで、回路内に設置して電気の流れを制御します。電子の流れを遮断し、回路のオン / オフを切り替えることで作動します。

スイッチには、金属接点に接続する端子が含まれています。端子と接点が接触するとスイッチが閉じて、電流が流れます。端子と接点が接触していないとスイッチが開いて、電流は流れません。

極及び投とは何ですか?

スイッチによって制御される回路数を「極」といいます。スイッチが採用できるポジション数を「投」といいます。この組み合わせは次のとおりです。

  • SPST (単極単投)
  • SPDT (単極双投)
  • DPST (双極単投)
  • DPDT (双極双投)

スイッチの種類

必要なスイッチの種類は、回線内でどのような接続が必要かによって異なります。スイッチは通常、左右をロックするロッカースイッチなど、操作方法によって分類されます。また、用途によって分類されることもあります。たとえばキーパッドスイッチはキーパッド用です。以下に、スイッチの種類の例を示します。

  • 検出器
  • DIP/SIP
  • ホール効果
  • ジョイスティック
  • キー
  • キーボード / キーパッド
  • ピエゾ
  • マイクロスイッチ
  • ロータリ
  • プッシュボタン
  • トグル