検索キーワード履歴

    ブースターケーブル

    バッテリージャンパーケーブルは、自動車のバッテリーが上がってしまった場合に、別の自動車のバッテリーや発電機に接続して充電するのに使用する 1 対のケーブルです。 ジャンパーケーブルは、重大な状況でエンジンを始動できるため、すべての自動車に必須のアクセサリと見なされています。 ジャンプスタートのプロセスは非常に簡単です。 必要なのは、バッテリが放電した状態で車両から別の自動車の充電済みバッテリに一時的にクリップを装着するだけです。 ジャンプスタートケーブル以外のケーブルもバッテリ充電器で使用できます。 ジャンパーケーブルは一般にジャンプブースターと呼ばれますが、 ブースターケーブルまたはジャンパケーブル 大型のディーゼルまたはガソリンエンジンを始動するときのための強力なジャンパーケーブルもありますが、それとは反対に、ほとんどの場合において、 標準的なケーブルで十分です。


    ジャンプスタートプロセスのステップバイステップガイド:


    ジャンプケーブルは、 1 本の赤いケーブルと 1 本の黒いケーブルで構成され、規格によって色が統一されています。 赤いケーブルのクリップは、救援側の車両のバッテリまたは発電機のプラス端子と、上がってしまったバッテリの黒いケーブルのクリップは、救援側の車両のバッテリーまたは発電機のマイナス端子と、バッテリーが上がってしまった車両の適切なアースポイント(シャーシなど)に接続します。

    各ジャンプケーブルの先端には、 頑丈なワニ口クランプ / クリップ。 通常、ジャンパーケーブルクリップは銅またはスチール製です。 これにより、非常に簡単に接続することができ、安全に作業できます。


    ジャンプリードの安全性


    ジャンプケーブルは、放電したバッテリーを一時的に充電するための優れた方法です。 ジャンプケーブルは、ほぼすべてのユーザーが使用できます。 ただし必ず車両のハンドブック、 製品情報ガイドおよび安全にお使いいただくための注意事項を遵守してください。 たとえば、 次のような状態のバッテリーは絶対に充電しないというようなことです:漏れ、 腐食または破損があるもの。 また、 ケーブルを接続するときは、サイドブレーキとボンネットロックの両方をかけてください。

    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数