検索キーワード履歴

    DisplayPortケーブル

    DisplayPortケーブルは、オーディオ / ビデオ接続に使用します。このケーブルは、コンピュータとモニタ / ディスプレイの間で一般的に使用されています。ディスプレイポートは、常にケーブル側がオスで、デバイス側がメスです。すべてのDPケーブルは基本的なレイアウトと配線が同じで、オーディオ、 デイジーチェーン接続、 HDR及びDSCを含むどの機能にも対応します。詳細については、当社のDisplayPortケーブル完全ガイド を参照してください 。

    DisplayPortケーブルはどのように分類されますか?

    DisplayPortケーブルは、帯域幅の認定レベルでのみ分類されます。

    • RSR (低ビットレート)、 RBR DisplayPortケーブル - 帯域幅6.48 Gbit/s
    • HBR (高ビットレート)、 標準DisplayPortケーブル - 帯域幅10.80 Gbit/s
    • HBRS (高ビットレート2)、 標準DisplayPortケーブル - 帯域幅21.60 Gbit/s
    • HBR3 (高ビットレート3)、 DP8Kケーブル - 帯域幅32.40 Gbit/s

    ケーブルを選択する前に、 ケーブルの両端にあるコネクタタイプとケーブル長を考慮する必要があります。

    DisplayPortの種類

    標準 - ほぼUSBコネクタのサイズ、 一般にDisplayPort対応PCモニタで使用されます。

    ミニ - ThunderboltなどのApple製品を含むノートブックPCのDisplayPort出力に一般的に使用されます(Apple 製品で広く使用されています)。

    DisplayPortの利点とその用途

    DisplayPortケーブルは、タブレット、 ノートブック、 デスクトップコンピュータ、 モニタ、テレビなど広範なデバイスで使用され、次のような利点があります。

    • 高い表示性能
    • 堅牢性と汎用性
    • 最高レベルのシステム統合
    • 複数のディスプレイを1つのビデオ出力に接続する機能

    DisplayPortとHDMIの違い

    HDMIは、主にホームエンターテインメントシステム向けに設計されたもので、AVインターフェイスとしてHDTVで広く使用されています。一部のPCやモニタにはHDMIが搭載され、HDTVと接続できます。ただし、 解像度やフレームレートが非常に高い場合は、 DisplayPortなど、その他のオプションを使用する方が良い場合があります。

    DisplayPort は、パーソナルコンピュータの高性能な要件をサポートするために開発された新しい規格であり、 パフォーマンスと統合の向上を実現しています。より堅牢で安定したAVリンクが利用できます。DisplayPortは、パッシブケーブルを使用し、最大2 mまでの長さで4Kビデオを提供できます。15 mのパッシブケーブルの解像度は1080 pに制限され、5 mを超えても最大2560 x 1600ピクセルの解像度に対応できます。

    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数