3芯ケーブル

多芯ケーブルとは?


多芯ケーブルはケーブルの種類の中でも複数の導体(電流が流れる部分)を持つものを指します。一般的には導体の数が5本以上のケーブルの呼称になります。


多芯ケーブル(工業用)の用途


工業用多芯ケーブルは大量の配線が必要で、過酷な産業環境にも耐えられるように設計されています。工業用多芯ケーブルは、それぞれの用途に応じてデータ、信号、電力を送信します。


フックアップワイヤ。航空宇宙や防衛産業など、高密度で複雑な回路配線が必要な場所で使用されます。フックアップワイヤは一度配線されるとその後何度も動かすことはないので繰り返しの折り曲げに対する耐久性は考慮されていません。


高速銅線ケーブル。軍事や海洋、航空宇宙など、電流及び信号を高速プロトコルを用いて高速に転送する必要がある場合に使用されます。


ツイストペアケーブル。2本撚り線の心線を持つケーブルです。重機や工場内の大型機械で多く使用されています。


フレキシブル電源ケーブル。柔軟性があり大きく変形させることが可能な為スペースや角度に余裕のない場所で使用されます。


同軸ケーブル。通常の工業用ケーブルよりも軽量で、サイズと重量を軽減することができるためセキュリティ、通信、マイクロ波、航空電子など、制約が厳しい用途で使われています。


...
もっと読む 詳細の非表示

絞り込み

選択した条件に当てはまる商品がありません。条件を変更してください。