カテゴリ6a (Cat6a) ケーブル

Cat 6a (Category 6a)ケーブルは、高速タイプのイーサネットケーブル又はパッチケーブルです。これらは、ネットワークを必要とするオフィスや倉庫など、さまざまな種類の業種や職場で一般的に使用されています。インターネットに接続されている場所であれば、必ずこれらのネットワークケーブルを見つけることができます。 Cat6aのユーザー このケーブルは、さまざまな業界で使用されますが、家庭でも使用されています。設置後のいくつかの一般的な用途は、次のとおりです。 • コンピュータとラップトップ • テレビ • WiFiアクセスポイント • ネットワーク対応機器 • 電話機 これらのケーブルには、次のようなさまざまな種類のシールド付きとシールドなしのタイプがあります。 • F/UTP • S/FTP • U/FTP • スズめっき銅製ブレード • 裸銅 使用されるケーブルコネクタの種類 RJ-45は、Cat6aケーブルアセンブリで使用される標準コネクタです。RJ45は、ネットワークデバイスの99 %で使用されるユニバーサルコネクタです。Cat6aケーブルに他のコネクタを接続することもできますが、配線済みのCat6aケーブルを選択しているなら、ほとんどの場合、使用されているコネクタはRJ45です。 Cat6aケーブルの用途 Cat6aイーサネットケーブルはデータケーブルとして使用され、ルータ又はモデムをイーサネットにアクセスするデバイスに直接接続します。Cat6aは、短い距離内でイーサネットに接続できない広いスペースに適しています。 Cat6aとCat6の違い Cat6aケーブルとCat6ケーブルの主な違いは、サポート可能な帯域幅周波数の量です。Cat 6aは、Cat 6の約2倍のおよそ500 MHzをサポートします。設置後、Cat6aは、100 mの距離で10ギガビットの性能を発揮します。これは実際に、Cat6のケーブル(37 m)に割り当てられた以上の長さです。この2つのいずれかを選択する場合、特に距離が離れた場所でネットワークが必要なら、Cat6aが適切な選択となります。 安全性について 標準的には、すべてのCat6aケーブルがLSZH (低煙性ハロゲンフリー)以上に指定されています。つまり、これらのケーブルは、高温の熱源にさらされても、放出する煙が非常に少量で、ハロゲンは出ないことを意味します。ただし、特に、高温の環境では、必要なシールドの種類を必ずチェックする必要があります。

...
もっと読む 詳細の非表示

絞り込み

1 件中 1 - 1 件を表示
1ページの商品数
商品の概要 価格(最低価格は商品詳細ページでご確認ください) 長さ シールドタイプ 終端処理済み / 未処理終端 コネクタ タイプ シース色 外側シース材質 ストランド数 外径 コアストランド 燃焼挙動 AWG米国ワイヤゲージ規格 コネクタ A コネクタ B
RS品番 915-5982
メーカー型番FQ-1000-07852
メーカー3M
¥1,273.00
購入単位は1個
1m FTP 終端処理済み オス RJ45 / オス RJ45 です グレー LSZH - - - - - オスRJ45 -