検索キーワード履歴

    ルータ

    WiFiルーターは、複数のインターネットデバイスを同一のインターネットゲートウェイに接続できるネットワークデバイスです。インターネット接続ルーターは1つのネットワークを作成します。コンピュータ、スマートフォン、タブレット、スマートTV、Googleアシスタント、Alexa、その他自宅やオフィスのあらゆるワイヤレスデバイスからこのネットワークにアクセスできます。ルーターによって作成されたWi-Fiネットワークは、WPA又はWPA2パスワードでセキュリティ保護されているため、不正なユーザーがアクセスすることはできません。最近のルーターは多機能化しており、高速又は超高速ワイヤレス接続機能に加えて、イーサネットLANポートやUSBを備え、あらゆるタイプのインターネットデバイスを接続できるようになっています。デュアルバンドルーターは、2.4 GHzと5 GHzの両方の周波数帯で動作します。通信範囲が非常に広く、ラグのない超高速インターネットを複数のユーザーが同時に使用できます。Gigabit、Netgear、TP-Link、Linksysなどの業界をリードするメーカーは、基本的なルーターからハイエンドのゲーミングワイヤレスルーターまで、幅広い製品を提供しています。



    適切なWifiルーターを選択するには?


    ニーズに適した装置の選択は、市場に存在するルーターの数を考える、ときに非常に困難になります。最も重要な仕様要素の一部を紹介します。


    • 周波数帯域幅(シングルバンド又はデュアルバンド) - デュアルバンドルーターでは、2.4 GHzと5 GHzの2つの無線周波数を使用してデータが転送されます。接続速度を犠牲にすることなく、より多くのデータをより多くのユーザーに送信できます。また、デュアルバンドルーターは、シングルバンドデバイスよりも通信範囲が広いのも特長です。

    • ポート数 - この技術を使用して複数のデバイスを接続する場合は、LANポートの数(イーサネット)が重要になることがあります。LANポートは、他のデバイスによって中断されないため、Wifiよりも接続が高速で安定します。USBポートは、プリンタやインターネットカメラなどのデバイス間でUSB接続を使えるようにします。

    • 速度 - これは多くのユーザーにとって最も重要な特長です。Wifi速度の規格は、常に評価され、変化しています。現在最速の技術802.11acでは、最大1300 Mbpsの超高速接続が可能です。第2位の802.11nでは、最大450 Mbpsの接続をサポートしています。802.11「a」、「b」、「g」などのその他のオプションは、低速の規格であまり使用されていません。また、Wifiの速度は「理論値」であり、現実世界で実現できる速度ではありません。現実的には、「ac」オプションで最大720 Mbps程度、「n」で240 Mbps程度の速度が出ます。ルーターの位置も非常に重要です。 ルーターは全方向に信号を送信するため、自宅又はオフィスの中心に配置するのが理想的です。壁、天井、その他の建築要素は、信号の品質と接続速度に影響します。

    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数