型番

CD-R・CD-RW

CD (コンパクトディスク)は汎用データストレージメディアの1つです。デジタル時代でも音楽エンターテインメントの主要メディアとして使用されています。楽曲のデジタルダウンロードほど安くも便利でもありませんが、アーティストは今でも、作品の物理コピーを配布するための品質の保証された最善の方法としてCDをリリースしています。

ブランクCDはCDバーナーで使用するように設計されており、コンピュータデバイスから物理メディアに情報をコピーします。CDバーナーは独立したハードウェア装置として販売されていることが多いですが、古めのデスクトップ及びラップトップコンピュータと一体化していることもあります。ブランクCDは、消費者市場向けに完全に同一の製品をリリースするため、業務用バーナーを使用した大量生産にも使用されます。

CDはDVD-Rディスクとは異なり光学メディアではありません。データ容量は比較的限られています。そのため通常はオーディオ及びファイルデータにのみ使用されます。ほとんどのDVDプレーヤーはDVDディスクに最適化されていて、CDフォーマットを読み取れません。

ブランクCDの種類

ブランクCDには、CD-RとCD-RWの2種類があります。本質的な違いは、CD-RWが書き換え可能なため、何度も使用できるということです。情報をディスクに焼き、必要に応じて焼き直せるため、ブランクCDが大量データを転送するための最も便利な手段だった時代には非常に便利でした。ブランクディスクの品質に応じて、CD-RWは最大100,000回の書き込み、消去、再書き込みが可能です。

CD-Rディスクは書き換え可能ではありませんが、反射コーティングの違いにより、書き換え可能なディスクより若干信頼性が高くなります。これらのブランクディスクは、消去や再書き込みはできませんが、通常は1枚のCD-RWの代わりに何枚かのCD-Rディスクを使用してもほとんど問題にならず、十分なコスト効果があります。

デジタル時代になぜCDを使用するのですか?

クラウドストレージこそデータ保存の未来であるのは明らかですが、セキュアなオンラインアカウントでも攻撃を受ける可能性があります。CDも取り扱いが適切でないと、壊れる可能性がありますが、データをオフラインで保存して、オンライン盗難やウイルスから保護できる優れた手段です。メディア、写真、又は個人ファイルの物理的なバックアップは、安価で耐久性に優れた保険的なセキュリティオプションになります。ハードドライブとは異なり、CDには、経時的に故障する可能性のある機械的な属性や部品はありません。また、ディスクを適切に取り扱えば、理論的にはディスクは生涯壊れません。

積載

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
ページ
1
/
0