型番
PD-4

基板接続用ソケット

基板接続用ソケットは、ケーブルを使用せずに2枚の基板(PCB)を接続できるように設計されたコネクタで、安全で安定した接続を確保するために基板に接続されます。基板接続用ソケット(メス)と基板接続用ヘッダ(オス)はペアで使用され、 1回の挿抜がかん合サイクルと呼ばれます。このペアは、設計の柔軟性を高め、組み立てを簡単にするために、基板の挿抜が簡単であることが求められる用途で使用されます。


基板接続用ソケットは、どのように機能しますか?


基板接続用ソケットは、コネクタの片側にオス端子を接続し、反対側を別の基板に接続することで機能します。各ソケットには、ハウジングと一定数の端子が組み込まれています。ハウジングは絶縁素材製ですが、端子は導電性素材製で、防錆性と導電性を高めるためにめっきが施されています。


基板接続用ソケットは、どのような用途に使用されますか?


基板接続用ソケットは、さまざまな基板用途で使用されます。リレーを基板に直接はんだ付けする代わりに使用すると、 タイマーやリレーを簡単に交換できるようになります。

積載

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
ページ
1
/
0
人気検索キーワード