検索キーワード履歴

    SHコネクタ

    コネクタハウジング・ソケットハウジングとは?

    コネクタハウジングは基板と配線を接続するためのコネクタ部品です。コネクタハウジングは、絶縁体で対応する基板用コネクタのタイプに応じて成形されています。コネクタと併用して基板に取り付けられ、配線を保護する役割があります。主に家電製品、産業用機器、モバイル機器など幅広い分野で使用されています。

    コネクタハウジング種類

    各種の基板用コネクタハウジングの主な違いは、対応するコンタクトの数です。コンタクト数は、1つから100個を超える場合もあります。また、コネクタに要求される保護レベルに応じて、さまざまな材料で作られています。

    コネクタハウジングメーカー

    RSでは日本圧着端子製造(JST)、ヒロセ電機、日本航空電子工業株式会社(JAE)、モレックスをはじめ、様々な国内外一流メーカーのコネクタハウジング・ソケットハウジング製品を豊富に取り揃えています。

    絞り込み
    並び替え
    1 1
    ページあたりの結果数