検索キーワード履歴

    コネクタ端子台

    インターフェースモジュールとは?

    インターフェースモジュールとは、小型基板用端子台とコネクタを一体にした配線接続用の部品です。コネクタと端子台が一体となり、PLC(プログラマブルコントローラ)のインターフェースとしてよく使われています。

    インターフェースモジュールの特長

    インターフェースモジュールは、配線作業の簡易化・効率化に欠かせない部品です。インターフェースモジュールを使うことにより、一度配線すれば端子ねじを外さずに、プラグを着脱できるので、輸送後の再設置や設備のリプレースが容易になります。ねじ式端子台に比べ、結線や配線にかかる時間やコストを大幅に削減することができます。また、コンパクトサイズのインターフェースモジュールは制御盤の小型化・省スペース化にも貢献します。

    インターフェースモジュールの種類

    インターフェースモジュールは、極数や端子間のピッチ、コネクタの種類などによってさまざまな種類がありますので、使用するPLCに応じて選択する必要があります。RSは、幅広い用途に対応できるよう、高品質の端子台製品を豊富に取り揃えています。

    絞り込み
    並び替え
    1 1
    ページあたりの結果数