検索キーワード履歴

    R 端子

    マル端子・丸型端子とは?

    丸型端子は、R型端子やリングターミナルとも呼ばれ、先端が円になっている圧着端子です。圧着端子は、電線の末端へ取り付けて使用する接続用部品です。圧着端子には裸圧着端子、絶縁付圧着端子、差込型圧着端子などの種類があり、主な形状は棒型、丸型、Y型、ブレード型などです。

    マル端子・丸型端子の必要性

    丸型端子は、先端が円になっているためビス止めが可能でビスがはずれない限りケーブルが抜ける心配がありません。圧着端子は一般的に配線の抜き差しが必要のない場合に使用されます。電線を接続する際には専門の圧着工具を利用します。配線の抜き差しが必要な場合については、ギボシ端子を選択してください。

    マル端子・丸型端子の用途

    丸型端子は主に電線を端子盤に接続するために用いられ、外れにくいことから確実な電機接続が要求されるシステム(例:強電設備、動力システム等)に適しています。

    絞り込み
    並び替え
    1 1
    ページあたりの結果数