検索キーワード履歴

    スプライスコネクタ

    スプライスコネクタとは?

    スプライスコネクタは、2本以上の配線を素早く接合・接続するために使用されます。通常は鋭利な金属製のインサートが付いています。インサートが2本の配線のプラスチック被覆を安全に切断・圧着することができます。接合部は通常、圧着またははんだ付けされるため、ソースケーブルから次のケーブルには、許容導電率かつプルアウト抵抗性能レベルで電力が伝送されます。

    スプライスコネクタの種類

    • **圧着バットスプライス端子 **- 2つのクリンプが付いたチューブ状のコネクタで、配線を直列で接合します。通常、絶縁カバーで包まれた金属チューブで構成されています。回路内の導体を交換、延長、または修理する際に使用されます。
    • **圧着閉端コネクタ **- 配線の終端処理や、腐食の原因になる酸素や水分が侵入しないように配線を密閉するために使用されます。電子伝送路内のターミネータは、終端されていない伝送路で発生する反射を防止します。反射は、アナログ信号システムでのビデオのゴースト発生のように歪みの原因になります。
    • **圧着バレルホイルコネクタ **- 端子を圧着する際に箔やアルミ板に埋め込まれた表面酸化物や絶縁体を貫通するジョイントを装備し、気密性・防湿性の高い接続を実現します。
    • **プッシュワイヤコネクタ **- 特別な工具を必要とせず、電気配線は簡単かつ素早く行うことができます。
    絞り込み
    並び替え
    1 1
    ページあたりの結果数