型番

スプライスコネクタ

スプライスコネクタは、鋭利な金属製インサートを備えたプラスチッククリップで構成されています。このインサートが2本のワイヤのプラスチック絶縁ジャケットに安全に突き刺さることで、圧着が完了します。スプライスコネクタは、複数のワイヤをすばやく接合したり、接続したりするために使用します。接合部は通常、圧着又ははんだ付けされるため、ソースケーブルから次のケーブルには、許容導電率かつプルアウト抵抗性能レベルで電力が伝送されます。


スプライスコネクタの種類:


  • 圧着バットスプライス端子
  • 圧着閉端子
  • 圧着バレルホイル端子
  • プッシュワイヤ 端子

よくある質問


圧着バットスプライス端子とは何ですか?


圧着バットスプライス端子は、2つのクリンプが付いたチューブ状のコネクタで、ワイヤを直列で接合します。 通常、絶縁カバーで包まれた金属チューブで構成されています。圧着バットスプライス端子は、 電気回路の導体を変更、延長、又は修理するときに使用します。


圧着バットスプライス端子は、どのように機能しますか?


圧着バットスプライス端子は、2本のより線の被覆を剥いた端を端子の両端に挿入して取り付けます。圧着工具 を使用して、両端を圧着することで、2本のワイヤをしっかり接続できます。


圧着閉端コネクタは、どのような用途に使用されますか?


圧着閉端コネクタは、ワイヤの終端処理や、腐食の原因になる酸素や水分が侵入しないようにワイヤを密閉するために使用されます。 電子伝送路内のターミネータは、終端されていない伝送路で発生する反射を防止します。 反射は、アナログ信号システムでのビデオのゴースト発生のように歪みの原因になります。


圧着閉端コネクタには、さまざまな径のワイヤに対応する固定サイズの製品を各種取り揃えています。また、柔軟性に優れた調整式のモデルもあります。

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数