ナット・ワッシャ

当社では、ほとんどすべてのメンテナンス用途に対応するさまざまなナット / ワッシャを在庫しています。当社が提供している製品には、接続用ナット、六角ナット、四角ナット、蝶ナット、平ワッシャ、シールワッシャ、防振ワッシャなどがあります。これらの多くはRS Proの製品なので、高品質な製品をお手頃な価格で入手できます。

ナット / ワッシャは、どのような用途に使用されますか?

ナットは、一般的にボルトやねじなど留め具や固定具とともに使用され、何かを取り付けて所定の位置に固定します。通常は六角形でねじ山が付いており、ステンレススチールなど金属素材でできています。手又はスパナで固定できます。

ワッシャは、ねじなど留め具の下に配置して、緩みを防止することで、漏れを遮蔽したり、圧力を一様にしたりします。また、当てられている材質への押し込みを止めることもできます。これらは、金属又は非金属の材質からできており、使用する用途や留め具に応じて、さまざまなタイプのものが用意されています。

ナット / ワッシャのタイプ

ナット / ワッシャには、使用する固定具や用途に合うさまざまな材質、メートルサイズとインペリアルサイズ、ヘッドタイプ、ねじのタイプが用意されています。最も一般的なタイプには例えば、次のようなものがあります。

六角ナット - ねじ山が付いた六角ヘッドを備えた最も一般的に使用されるナット。

蝶ナット - ボディの両側にウィングが突き出ているねじ付きナット。手動での回転や取り付けが可能なボディです。ナットを頻繁に取り外す必要がある場所に最適です。

平ワッシャ - デザインが滑らかかつ平らで、重量荷重を分散するために使用します。フラットワッシャとも呼ばれます。

ロックナット - ナットが緩んだり、留め具から外れたりしないように、ねじ山が交差しています。

防振ワッシャ - ボルト留めされる用途で振動の伝達を制限するために使用されます。

シールワッシャ - 通常は、金属で裏張りされたゴム製です。空気 / 水の侵入を防止するために使用します。