検索キーワード履歴

    ヒューズホルダ

    ヒューズホルダは、ヒューズを保持、 保護、 及び取り付けるために使用する部品です。ヒューズホルダにはさまざまなスタイルのものがあり、 それぞれが特定のスタイルのヒューズに合うように設計されています。ヒューズホルダは、接合タイプ又は取り付けタイプによって分類できます。

    RSコンポーネンツでは、産業用、 商用、 及び家庭用の高品質の部品を幅広く取り揃えています。すべての製品は、Schurter、 Littelfuse、 Cooper Bussmann、 Mersenなど、業界をリードするブランドから供給されています。

    利用可能なヒューズホルダの種類

    前述のとおり、ヒューズホルダはすべて、 対象のヒューズ、用途、及び利用環境によって異なります。最も一般的なタイプを次にいくつか紹介します。

    ベース取り付け - ホルダのベースは通常、ベース中央部の表面に固定ねじで取り付けられます。主にカートリッジヒューズで使用されます。

    インライン - インラインヒューズホルダは、配線回路内のヒューズ用のハウジングです。ホルダの両端にコードや電線を接続できるので、 インライン接続が簡単です。小型ブレードヒューズを備えた車載電気回路でよく使用されています。

    パネル取り付け - 電気パネルの表面又は内部に直接取り付けるために特別に設計されています。パネル取り付けヒューズホルダには、主に、 長方形のスナップイン式と円筒形のチューブねじ込み式の2種類があります。キャップのスタイルは、手動、 スロット、 又はフィンガーグリップから選択できます。

    レール取り付け - レール取り付けホルダは、DINレールに取り付けるように特別に設計されています。 つまり、ヒューズホルダ本体をレールに取り付けるためのスロットが設けられています。レール取り付けホルダには、 電圧と電流の定格、 極数、 端子タイプなど、いくつかの特性に応じてさまざまなタイプがあります。

    ボトルヒューズ - 円筒形のボトルヒューズ用のホルダです。 通常は回路を保護するキャップが付いています。

    基板実装 - 基板に直接取り付けられるホルダ。基板実装には、開放型と完全密閉型の2つの基本タイプがあります。 開放型の基板実装には、ヒューズクリップ、 ヒューズブロック、 ソケット、 プラグオンキャップなどのモデルがあります。完全密閉型の製品は、ホルダに挿入されたヒューズキャリアを使用するか、又は他の手段を使用してヒューズを完全に密閉できます。

    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数