型番

クランプ

クランプは、作業中に加工物を所定の位置に保持するように設計された工具です。クランプは、ボードや薄いプレートなどの扱いにくい物体を移動又は保持するためにしっかりとしたグリップで支えるハンドルとしても使用できます。クランプで物体をしっかりと保持することで、不必要な動きや分離を防止します。ガレージ、 工場、作業場などのほとんどの環境で使用可能なシンプルな工具で、大工作業、 溶接作業、又は金属加工に最適です。クランプを組み合わせたセット購入も可能です。ねじ山付きボルト、 Tスロット、及びステップブロック、 を組み合わせ、加工物をスロット付き工作台に装着、固定します。


クランプの種類


Cクランプ又はスプリングクランプは最も一般的なものですが、アングルクランプやサッシクランプなどの特定の作業用に設計されているものもあります。一部のクランプは、片手での作業を可能にするクイックリリーストリガを備えています。ねじクランプは、ねじ機構によりジョーを調整し、加工物を所定の位置にクランプします。一部のクランプは、パッドを交換することでスプレッダに転用することもできます。ほとんどは一時的なソリューションとして使用されていますが、永続的なオプションも用意されています。


フレームを曲げたりねじを損傷したりする危険性を避けるために、加工物を保持するのに適したサイズのクランプを必ず使用してください。サイズは、ジョーの開口部(ジョーの口を開くことのできる距離)と奥行きで測定できます。当社では、ジョーの開口サイズは最大1250 mm、ジョーの長さは最大410 mmの幅広いサイズを取り揃えています。また、作業対象のプロジェクトでライトデューティクランプとヘビーデューティクランプのどちらが必要であるかを判断することも重要です。


最も一般的なクランプタイプ:


  • Cクランプ / Gクランプ - 最もシンプルなモデルで、加工物を所定の位置に保持して動かないようにします。組み立てが簡単でサイズが小さいため、ほとんどどこでも使用できます。木工作業や溶接に最適です。
  • F クランプ - 動作はCクランプに似ていますが、開口がより広くなっています。
  • サッシクランプ - 特殊な構造で、ほとんどの場合木工用に使用されます。スライドがレール上を移動し、レールの間にある物体をクランプします。圧力及び締力は、クランプのヘッドに配置されたねじを回すことで簡単に調整できます。
  • バークランプ - ジョーを保持するための長い金属製バーが付いています。長い部材や幅広の部材に最適です。
  • コーナークランプ又はアングルクランプ - 額縁のような角度で物体を固定するのに最適です。
  • トグルクランプ - クランププレートを1つ備え、天板と組み合わせて使用

  • バンド又はストラップクランプ - 円形、 正方形、又は不定形の物体を保持する設計

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数