型番

手持ちカンナ

手持ちカンナは、 ハンドプレーン又はスムージングプレーンとも呼ばれ、 木材加工や大工作業のプロジェクトで研磨の前の最終段階で使用します。ブレードがベースに取り付けられ、上部に2つのハンドルを備える カンナは、木の表面から薄片を剃り、滑らかな仕上がりにするように設計されています。また木材の形状を整え、 非常に刃先が鋭いために 場合によっては、 研磨はあまり必要ありません。


手持ちカンナは何に使用しますか?


手持ちカンナは木工で使用されます。 主な用途は、木材の表面を滑らかで均一にすることです。複数のサイズのカンナがあります。 それぞれ木工プロジェクトや大工作業プロジェクトのさまざまな作業に最適です。


ブロックカンナが最も小さいタイプです。 大工やDIY愛好家の工具キットに簡単に収まり、最も安価です。さまざまな角度に調整でき、 木口の削り出し、 部品のシェーピング成形、又はエッジの面取り などの用途に最適です。


スムージングプレーンはわずかに大きなタイプですが、電動サンダに匹敵する非常に滑らかな仕上がりを実現できます。幅の広い板や、さらに合板の上面であっても、最終仕上げの前に、滑らかにするのに最適です。


スムージングプレーンよりも長い ジャックプレーンは、小型タイプと同等のバランスの取れた組み合わせを実現します。 他のカンナほど特化されていませんが、 ジャックプレーンは平滑化と平坦化を組み合わせ、 イブニングジョイントなどの作業に最適です。 レベリングプレーナは、最も大型のカンナの1つで、 より広い面や端を平坦に整えるために使用します。

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数