検索キーワード履歴

    ハロゲン 電球

    当社では、 キャンドル、 リニア及びカプセルバルブ、 自動車用ヘッドライトの電球、 ダイクロイックバルブ及びリフレクタバルブなど、厳選されたハロゲン電球をご用意しています。また、 Osram、 Orbitec、 Sylvania、 Philips、 GE、RS Proなど、業界をリードする複数のメーカーの製品を取り揃えております。

    ハロゲン電球の仕組み

    電球内のタングステンフィラメントに電流が流れると、 非常に高温で燃え、白い光を発します。ハロゲン電球では、このプロセスが気密エンクロージャの外部で行われた場合のようにフィラメントが急速に燃え尽きないように、ガラス内部の混合ガスによってフィラメントが保護されます。従来のGLS白熱電球が徐々に使用されなくなっていく中で、 ハロゲン電球は、類似した光を出力する最も近い相当品です。

    利点

    • ハロゲン電球は最も安価な省エネ電球ですが、 エネルギー効率が最も高くはありません。
    • ハロゲン電球は、オンにするとすぐに最高の明るさに達します。
    • ハロゲン電球は、 一部のLEDやCFL照明とは異なり、適切なスイッチと併用すると調光可能です。
    • 通常、ハロゲン電球はCRI (演色評価数)スコアが高く、 色が重要な用途に最適です。

    欠点

    • ハロゲン電球を交換する際、又は取り扱う際には、注意が必要です。 指先にグリースや汚れが付着している場合、ガラスに触れると残留物が残る可能性があります。こうした沈着物は、電球の使用中に加熱が不均一になる原因になり、 寿命が短くなる可能性があります。
    • ハロゲン電球の寿命は、他の省エネ電球と比較して、かなり短くなっています。一般的な条件では、 ハロゲンの想定寿命は約2,000時間ほどになりますが、LED電球では、25,000時間、CFLでは10,000時間ほどです。
    • ワット数の高い製品は徐々に使用されなくなっています。

    ハロゲン電球は、どのような用途に使用されますか?

    ハロゲン電球は、 自動車のヘッドライトの電球、 作業用キャビネットの照明、 屋内 / 屋外フラッドライトなど、幅広い用途や産業で使用されています。ハロゲンランプ電球には、バヨネットキャップとエジソンねじ固定具の両オプションが利用できる、さまざまなベースがあります。また、さまざまなワット数、 形状、 光度で利用できます。

    絞り込み
    並び替え
    1 1
    ページあたりの結果数

    人気検索キーワード