検索キーワード履歴

    作業用ヘルメット

    ヘルメットは、安全ヘルメットとも呼ばれ、 PPE (個人用保護具)の1つです。ヘルメットは、落下物やその他の物体による衝撃から頭部を保護し、感電も防止します。ヘルメットは、屋根工事や建設現場で着用され、 林業や海洋産業でも使用されます。誰でもあらゆる環境で着用できます。ヘルメットは、世界中の建設現場で着用するように法規制で定められた安全要件です。


    どのような構造ですか?


    ヘルメットは、HDPE (高密度ポリエチレン)などの硬質プラスチック製です。ヘルメットの中には、頭頂への衝撃力を分散させるサスペンションバンドがあり、 怪我を軽減します。ヘルメットには、あごストラップ又はヘルメットをしっかりと固定できるラチェット調整機能が付属しています。作業中に頭部を涼しく保つために、通気孔が設けられているモデルもあります。 たとえば、 Petzlヘルメットシリーズなどが該当します。


    ヘルメットの種類


    ヘルメットのタイプは、衝撃保護を定義しています。


    ヘルメットは、頭頂部に当たった物体による衝撃から保護します。


    ヘルメットは、頭頂部及び側頭部への衝撃から保護します。着用者は、頭頂部、側頭部、 又は中心から外れた位置に当たった物体から保護されます。


    ヘルメットの等級


    ヘルメットの等級は、電気的な保護のレベルを定義しています。


    クラスE (感電防止)ヘルメットは、落下物に対する保護性能に加えて、最大20,000 Vの感電防止性能も備えています。


    クラスG (一般)ヘルメットは、落下物に対する保護性能に加えて、最大2,200 Vの感電防止性能も備えています。


    クラスC (導電)ヘルメットは、落下物に対する保護性能を備えていますが、感電防止性能は備えていません。


    選択すべき色


    ヘルメットには、多くの色があります。使用する色を定めた法規制はありませんが、 多くの建設現場では、色で作業の役割を識別しています。たとえば、 黄色のヘルメットは、一般的な労働者や土木工事の作業員が着用し、 白色のヘルメットは、管理者、 監督、及び建築技師が着用します。また、茶色のヘルメットは、高温の装置を操作する技術者、 溶接工などが着用します。


    ヘルメットの交換時期


    ヘルメットが損傷した場合は、 すぐに交換する必要があります。 破損していない場合でも、 定期的に交換してください。ほとんどのメーカーでは、ヘルメットの寿命は2∼5年と忠告しています。

    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数