風力タービン

風力タービンは、再生可能エネルギー装置です。風力を利用して発電します。また、風力発電機、風力タービン発電機とも呼ばれています。

風力タービンの仕組み


風力タービンでは、通常、3枚以上のブレードで風を受けます。風力エネルギーにより、ブレードが回転します。この運動がタービンの動力となり、発電します。

風力タービンの種類


風力タービンは、設置方法によって区別されます。通常は、支柱設置型と屋根上設置型があります。屋根上設置型のタービンは、所有家屋や建物の屋根上に直に設置されます。このタービンの一般的な発電量は、0.5~2 kWです。支柱設置型の風力タービンは、屋根上設置型の同等製品より大きくなる傾向があります。自立型ユニットなので、風が最も強い場所に簡単に配置することができます。支柱設置型風力タービンの一般的な発電量は、2~6 kWです。支柱設置型のタービンは、屋根上設置型よりも出力は大きいのですが、初期コストが高くなります。

風力タービンを設置する利点


  • 風力タービンは、商用電源から隔絶された場所にある電気機器に給電するのに最適です。こうした機器には、道路安全標識、トレーラーハウス、キャンピングカー、リモートのブロードバンド接続機器、通信機器などがあります。

  • 風力タービンは、環境にやさしい発電ソリューションで、有害な化学物質や廃棄物を排出しません。

  • タービンのセットアップ方法によっては、蓄電して後からの利用に備えることができます。場合によっては、余剰電力を電力会社に売電することができます。


風力タービンを設置するにあたっての考慮事項


  • 設置する場所によって異なりますが、風力タービンを設置する前に隣近所や関連当局に通知する必要があるかもしれません。一部の風力タービンでは、建築許可が必要です。

  • モデルによって異なりますが、風力タービンは、ブレードが回転するので動作時に騒音が発生する可能性があります。騒音としては、風切り音やうなり音が考えられます。

  • 蓄電可能な風力タービンには、バッテリーが内蔵されています。バッテリーは定期的に交換する必要があるので、タービンを維持するための追加コストとして織り込む必要があります。


...
もっと読む 詳細の非表示

絞り込み

3 件中 1 - 3 件を表示
1ページの商品数
商品の概要 価格(最低価格は商品詳細ページでご確認ください) 電圧 重さ ブレードの直径 モデル 最大風速
RS品番 906-4242
メーカー型番1-AR40-10-24
メーカーAir
¥179,396.00
購入単位は1個
24V 7.6kg 1170mm Air 40 110mph
RS品番 906-4246
メーカー型番1-AR40-10-48
メーカーAir
¥179,396.00
購入単位は1個
48V 7.6kg 1170mm Air 40 110mph
RS品番 906-4249
メーカー型番1-AR40-10-12
メーカーAir
¥210,642.00
購入単位は1個
12V 5.9kg 1170mm Air 40 110mph