型番

はんだ吸取線

はんだ吸い取り芯またはワイヤは、 はんだ吸取編線またははんだウィックとも呼ばれています。 この、細かく編組された銅ワイヤは、リール状またはカット済みのより線で提供されるロジンフラックスでコーティングされています。 はんだを再加工するときや、はんだ付けされたコンポーネントを取り外すときに、はんだ除去剤として使用します。 はんだ吸取器は、はんだごてをはんだ付けジョイントまたはエリアに装着し、その両方を加熱して融点まで加熱し、フラックスを活性化します。 こうなると、 はんだが芯または編組線に吸い取られ、 はんだを除去します。


はんだ除去こての主な特長


  • はんだ残留物を吸収することで、再加工や修理時間を大幅に短縮します

  • コンポーネントまたは壊れやすい繊細な電子回路基板への損傷のリスクを最小限に抑えます

  • はんだ付けのやり直しを手作業でを完成させながら、余分なはんだ素材をすばやく効率的に除去できます

  • 他のコンポーネントに接続するために、はんだ付けされているコンポーネントを取り外します。 半田付けされた部分または接合部のはんだブリッジの取り外しおよびはんだ部分の一般的な整え

はんだ吸取編線の使用方法


  • 取り外す必要があるはんだ部分または接合部の上に灯心または編組を静かに置きます

  • はんだごてのこて先を温度が融点に達するまで吸取芯またはあみ組線に当てます

  • 適切な融点に達したら、 はんだは銅の銅芯によって吸収されます

  • はんだ除去の目的の仕上げに到達したら、 銅芯を除けて切れ味の良いニッパーで使用済みの部分を切り落とし、必ず次回、はんだ吸取編線使用するときに向けをきれいに仕上げげおきます。

用途


はんだ吸い取り芯または編組線は、さまざまなはんだ除去用途で使用でき、不要なはんだの除去や古いはんだの再加工に役立ちます。 はんだ付け編組線様々な特徴で生産されておりは、例えば鉛不使用、 帯電防止と洗浄不要があり、より簡単で効率的な半田除去プロセスを可能にします。 これに加えて、 編組銅線の吸収性は、除去する際に使用するはんだの種類によって異なります。 はんだ除去は、はんだ付けを使用するあらゆる用途で使用できるプロセスです。 基板( PCB )やその他の電子機器などからはんだを除去する場合に最もよく使用されます。 他にも効果的に接合されていない古いはんだの再加工と除去やはんだ付けされた電子部品の分解にも使用されます。

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数