検索キーワード履歴

    セーフティリレー

    セーフティリレーは、機械やプラントの潜在的なエラーや障害を監視し、傷害を防止し、リスクを軽減するオートメーションデバイスです。 エラーが発生した場合、 セーフティリレーは、リスクを低減し、環境を安全に戻すための適切な応答を開始します。 許容レベルがあります。 セーフティリレーを使用した監視プロセスは、機械と従業員の両方を保護し、 費用がかかるメンテナンスや機器の交換を防止し、 また、人体の負傷のリスクを軽減します。

    一例の機能には、障害物を取り除くまで安全に動きを停止するための機械又は機器の制御された一時停止が開始されます。 緊急停止機構としても使用できます。 電源を再開して続けるまで、特定の機械やプラントへの電源をオフにします。

    どのような種類のリレーがありますか?

    セーフティリレーには単機能又は多機能があります。 単機能リレーは、特定のタイプのアクティビティを監視し、それぞれの作業を監視するために個別にプログラムされています。 多機能セーフティリレーは、さまざまな機能を監視でき、複数の単一機能の代わりに使用できます。 個々のユニットで同じ数のアクティビティを監視できます。

    多機能リレーを使用する利点には、個々のユニットが少ないため、簡単な設置と配線を削減することができます。 これにより、パネルスペースをより経済的に利用できます。 さらに、ユニットを取り外したり再配置したりする必要が少ないため、設計又はパネル内の変更を行うための柔軟性が向上します。

    セーフティリレーの用途

    セーフティリレーは、プロセス内又はプロセス全体にオートメーションを使用する多くの産業で使用されています。 特別なトレーニングを受けなくても、誰でもセーフティリレーを回路内に統合して安全回路を作成できます。 これらの製品は、次の制御装置でよく使用されています。

    • 両手制御
    • 可動ガード
    • ライトカーテン、 ライトバリア及びライトグリッド
    • 磁気スイッチ
    • 安全マット及び感圧マット
    • 3ポジションデバイス
    • 非接触安全センサ
    • 安全スイッチ
    • 緊急停止ボタン
    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数