検索キーワード履歴

    蝶番

    蝶番は扉、蓋などの開く建具を保持し、開閉できるようにする金具です。その呼び方はほかにも、ヒンジや丁番などがあります。通常、2枚の金属板を1本の回転軸で繋ぎ、その軸を中心に金属板が左右に開くことができる仕組みになっています。

    蝶番の種類

    蝶番には様々な種類があり、以下では代表的な蝶番をご紹介します。

    • 平蝶番 ‐ 最も一般的な蝶番として、ブレッドケースやキーケースなど、扉のあるDIY作品によく利用されています。
    • 自由蝶番 ‐ ナックルの内部にはバネが入っており、扉を開けてもバネの反力で元に戻るようになっています。カウンターのくぐり扉、網戸、軽量扉に適しています。
    • 抜き差し蝶番 ‐ 取り付けた後でも蝶番を分解させることが可能なので、取り外し式の扉や木製の扉に適しています。
    • 長蝶番 ‐ 軸方向に長くしているため、扉のたわみや反り返りを防止します。ピアノ、ライティングデスクなどによく用いられます。
    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    人気検索キーワード