検索キーワード履歴

    遅延線 / 時限素子

    遅延ライン及びタイミング素子は、システムの性能が向上するように設計された集積回路(IC)です。遅延コンポーネントは、遅延を発生させて電子回路内の時間を調整します。遅延デバイスへの入力信号は、設定時間が経過すると再び出力に発生します。時間遅延チップは、歪み除去、タイミングクロック、データ信号に役立ちます。

    遅延素子とタイミング素子の種類:

    • クロックコンディショナ
    • アナログ遅延ラインはアナログ信号で動作
    • デジタル遅延ラインはサンプル数で動作
    • 双方向遅延ライン

    遅延素子は、次のようなさまざまな用途で使用できます。

    • 通信システム
    • 携帯機器
    • オーディオシステム
    • 制御システム
    • データ収集

    クロックコンディショナはタイミング装置と若干異なります。 クロックコンディショナを使用すると、完全なクロックアーキテクチャを設計できるようになります。高精度クロックコンディショナは、クロック基準からクロック周波数を生成します。周波数を乗算したり、信号をクリーンアップしたりするために使用できます。

    伝搬遅延とは

    伝播遅延は、信号が選択された宛先に到達するまでにかかる時間を表します。ゲート遅延と呼ばれることもあります。回路の場合、 これは入力が安定してから 出力が安定するまでの時間です。

    挿入損失とは

    挿入損失とは、遅延ラインを通過した後の信号損失のことです。この値はdB単位で示され、遅延ライン又はタイミング素子を選択する際に考慮すべき重要な要素です。

    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数