検索キーワード履歴

    アップダウンコンバータ・ ミキサIC

    アップダウンコンバータ / ミキサは、無線周波数及びマイクロ波回路で使用されています。2つの周波数の間でアナログ信号を上下に変換するデバイスです。アップダウンコンバータは、低い周波数を高い周波数に変換する場合、「アップコンバート」を行います。アップダウンコンバータは、高い周波数を低い周波数に変換する場合、「ダウンコンバート」を行います。




    アップダウンコンバータは、どのような用途に使用されますか?




    アップダウンコンバータは、レシーバのフロントエンドで使用することも、トランスミッタシグナルパスに配置することも可能です。ここでは、RF (無線周波数)信号が生成され、増幅されます。このようなデバイスは、主にセルラートランシーバやISM (工業、科学、医療)バンドレシーバなどの通信用途で使用されています。




    アップダウンコンバータの種類




    アップダウンコンバータには、低ノイズアンプを実装できます。これにより、受信信号の強度が向上します。このアンプには、調整可能なゲインがある場合もあります。パッケージ、ピン数、寸法及び運用値(入力周波数、出力周波数、最高 / 最低動作温度、最大 / 最小電源電圧、電力ゲイン、電力消費など)も、用途に合わせて変更できます。

    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数