絶縁抵抗計

絶縁抵抗計は、障害が発生する恐れのある機器を事前に特定するように設計された、予防保全又は予知保全プログラムに最適な工具です。スイッチギア、モーター、ジェネレータ、ケーブルなどの広範な高圧機器のテストに最適です。

理想的には、導電ワイヤで送信されるすべての電流は本来の送信先に到達します。しかし、さまざまな理由により、途中で一部が失われます。ワイヤは、通常の銅又はアルミニウムコアの導体を収納する耐性を備えた被覆で絶縁されていますが、この絶縁がある場合でも、電流の一部は逃げてしまいます。漏電は電気回路や機械類に悪影響を与える可能性があります。絶縁が効果的かつ安全なレベルで実行されているかどうかは、テストで判断できます。過度の高温又は低温、湿気、振動、埃、油、腐食性の蒸気はすべて劣化を進めるため、定期的なテストで、怪我や装置の障害が発生する前に問題を特定できます。

絶縁の完全性をテストするには、その絶縁を通過する電流の抵抗を測定する必要があります。高レベルの抵抗は、絶縁から漏れている電流が非常に小さいことを意味します。これとは逆に低レベルの抵抗は、絶縁を通過して、また絶縁に沿って大量の電流が漏れている可能性があります。

絶縁テストの目的は何ですか?

電気設備機器の製造時における品質管理測定です。
仕様が満たされていることを確認し、適切な接続を検証するための設置要件
定期的な予防メンテナンス作業
トラブルシューティング工具

絶縁テスターでは、ノイズがない信頼性の高い結果が得られます。安全で使いやすく、トラブルシューティング、試運転、及び予防メンテナンス用途に最適なソリューションです。

...
もっと読む 詳細の非表示

絞り込み

選択した条件に当てはまる商品がありません。条件を変更してください。