型番

マルチメータリード

マルチメータ用テストリードは電気測定に不可欠な部品であると考えられています。 たとえば、テストするユニットへのデジタルマルチメータの接続などです。 テストリードの状態が悪い場合、 これにより測定値が不正確になり、通電しているワイヤに通電されていないと安全上の問題になる可能性があります。 そのため、テストリードを良好な状態に保ち、必要に応じて直ちに交換することが重要です。

高電圧及び高エネルギー回路の測定用リードキット、 たとえば配電システムの電圧( 240 V 〜 600 V )のようなものは、 適切な印および評価が付いているよい状態である必要があります。 作業環境の安全性を確認するために、テストを実施する前に、常に予防手順に従ってリード線の状態と定格を確認する必要があります。

お客様のニーズに合わせて、さまざまなタイプのコネクタをご用意しています。 たとえばわに口クリップ、 バナナプラグ、 アングルプラグおよび格納式プラグなど、 また特定用途向けのキット、 たとえば自動車など、 電気キットおよび産業用キットを扱っています。

マルチメータのリードを確認します

< u
  • マルチメータとマルチメータのテストリードが、使用する電気環境に適したカテゴリと電圧レベルに適合していることを確認します。 電気測定カテゴリの定格は次の安全基準によって定義されています。 IEC61010 および 4 つの定格、 CAT I、 CAT II、 CAT III および CAT IV 。
  • 安全に使用でき、電気信号を正確に導通できるリード線であることを確認します。 これには、ケーブルにひびが入っていないこと、コネクタがきれいで異物のないことを確認することなどが含まれます。
  • 目視点検をまず実施し、次に単純な抵抗測定を実施して、電気的に信頼性が高く、許容損失パラメータ内で信号を伝送できることを確認します。

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数