オシロスコープ&アクセサリ

オシロスコープは、時間に対する電圧を測定し、電圧の瞬間グラフを描くために使用される実験装置です。これは、さまざまな用途に使用され、最も一般的には新しい電気機器をテストするために使用されます。これは、キャリブレーションが必要な多くの装置の1つです。1 Hzから数MHzまでの交流電流のAC波形と脈動する直流電流のDC波形の両方を表示できます。高品質なオシロスコープは、最大数百GHzの信号周波数を表示することもできます。

オシロスコープの表示は、横軸と縦軸で分割されます。時間は横軸に沿って表示され、電圧は縦軸に表示されます。

オシロスコープには、さまざまなタイプがあります。以下で、それらの一部について詳しく説明します。

  • アナログオシロスコープ
  • – 陰極線オシロスコープとも呼ばれており、最も古いタイプです。集束された電子ビームをパターンでブラウン管の面を通過させることで、ディスプレイ上の画像を生成します。
  • デジタルオシロスコープ
  • – このデバイスは、電子信号を検出、処理、表示するために連携するさまざまなソフトウェア及び電子ハードウェアモジュールから構築されています。
  • ミックスドシグナルオシロスコープ
  • – このタイプは、2つ又は4つのアナログチャンネルと、より多くのデジタルチャンネルを操作します。このタイプのオシロスコープの利点は、別個のロジックアナライザを使用する必要がないことです。

    オシロスコープアクセサリ

    さまざまなオシロスコープに加えて、Fluke、Keysight、ISO-TECHなど業界をリードするブランドのスペクトラムアナライザ、信号アンプ、電流プローブ、クランプなど幅広く選択できるアクセサリを提供しています。

    電流プローブ及びクランプ - 電流クランプ及びプローブには通常、開いて電気コネクタを周囲でクランプして電流を測定するジョーがあります。物理的に接触させる必要はありません。これらは、交流電流の大きさを測定するために使用されることがよくあります。

    オシロスコープ用プローブ - 一般的に電気エンジニアによって使用されます。適切なプローブを選択するときは、プローブの静電容量がオシロスコープの測定範囲内であることを確認してください。いずれのプローブが必要であるかを特定するには、オシロスコープのマニュアルを参照してください。