型番

オシロスコープ / アクセサリ

オシロスコープは、時間に対する電圧を測定し、電圧を瞬時にグラフ表示するために使用する実験装置です。 さまざまなアプリケーションに使用されています。 新しい電気機器をテストするのが最も一般的です。 これらは、キャリブレーションが必要な多くの機器の 1 つです。 交流電流とパルス直流 DC 波形を 1 Hz から数 MHz まで表示することができます。 高品質オシロスコープは、最大数百 GHz の信号周波数を表示することもできます。

オシロスコープの表示は、水平方向の目盛りと垂直方向の目盛りに分割されます。 時間は水平セクションに沿って表示され、 垂直方向に電圧が表示されます。

オシロスコープのタイプ

オシロスコープには次のようなさまざまなタイプがあります。 以下にその一部を示します。

  • アナログオシロスコープ –陰極線オシロスコープとも呼ばれます。 これは最も古いタイプです。 陰極線管の表面を横切るパターンで焦点を合わせた電子ビームが移動することで、ディスプレイに画像が表示されます。
  • デジタルオシロスコープ –これらのデバイスは、さまざまなソフトウェア及び電子ハードウェアモジュールで構成されており、これらのモジュールが連携して動作して、 処理して、 電気信号を表示します。
  • ミックスドシグナルオシロスコープ –このタイプは、 2 つ又は 4 つのアナログチャンネルと、より多くのデジタルチャンネルを操作します。 このオシロスコープの利点は、別途ロジックアナライザを使用する必要がないことです。

オシロスコープ用アクセサリ

オシロスコープのラインアップに加えて 幅広いアクセサリをご用意しています。 スペクトラムアナライザ、 信号アンプ、 電流プローブおよびクランプなどです– 業界の主要ブランド、たとえば、Fluke、 Keysight および ISO-TECH の製品を取り揃えています。

  • 電流プローブ及びクランプ –電流クランプとプローブには通常、ジョーがあり、ジョーを開いて電気コネクタに巻き付けて電流を測定し、物理的に接触する必要はありません。 交流電流の強さを測定するためによく使用されます。
  • オシロスコーププローブ –電気エンジニアが一般的に使用します。 正しいプローブを選択する場合は、 プローブの静電容量がオシロスコープの測定範囲内にあることを確認します。 必要なプローブを特定するには、 オシロスコープのマニュアルを参照してください。