Genuino 101 Powered by Intel

データシート
その他
RoHSステータス: 適合
詳細情報

Genuino 101開発ボード(Intel搭載)

Arduinoで開発するIntel搭載のGenuino 101開発ボードは、エレクトロニクスとプログラミングの初心者向けの教育ツールです。 経験豊富なユーザーは、このボードを使用してウェアラブルやスマートホーム / レジャーデバイスなどのIoT設計のプロトタイプも作成できます。 Arduino Unoの後継であるGenuino 101ボードは、特にBluetooth低エネルギー(BLE)、6軸加速計、ジャイロスコープなど、より多くの機能を備えています。

Genuino 101開発ボードの特長と利点
•Intel® Curie™マイクロコントローラ搭載
-32ビットIntel® Quark™マイクロコントローラ
-384 kBのフラッシュメモリ
-80 kB SRAM
-DSPセンサハブ
-6軸コンボセンサ、モバイルでの使用に対応するための加速度計及びジャイロスコープ付き
-Bluetooth接続(GAP、GATT、DIS)
-Windows、MAC OS X、Linuxと互換
-継続的なIntel開発が行われるリアルタイムRTOSオペレーティングシステム(2016年3月にオープンソースとして使用可能)
-Arduino IDEにアクセスして開発サポート
•デュアルコアアーキテクチャでより高速にコンパイル
•デジタルI/Oピン x 14
•アナログピン x 5
•シリアル通信とスケッチアップロード用のUSB1.1ポート x 1
•JTAGデバッグポート
•過電圧保護
•電源ジャック
•SPI信号のICSPヘッダ
•I2Cピン
•ステータスLED
-D13の緑色LED x 1
-アクティビティ用の緑色LED x 1
-電源用の緑色LED x 1
-エラー用の赤LED x 1
•寸法: 70 x 55 x 20 mm

Arduino Uno及びGenuino 101ボード
Arduino Uno及びGenuino 101ボードは類似しています。 Genuino 101開発ボードは、Unoと同じフォームファクタと周辺機器を備えています。Intel® Curie™チップの追加により、Bluetooth及び加速度計 / ジャイロスコープモーションセンサでのアクセスオプションが拡大しました。

DesignSparkの『Say Hello to Genuino』ブログ
http://www.rs-online.com/designspark/electronics/eng/blog/say-hello-to-genuino-101

警告

  • 本製品は技術基準適合証明を受けておりません。ご使用に際しては、電波法遵守のため、以下のいずれかの措置を取っていただく必要がありますのでご注意ください。
    電波法施行規則第 6 条第 1 項第 1 号に基づく平成 18 年 3 月 28 日総務省告示第 173 号で定められた電波暗室等の試験設備内で使用する。
    実験局の免許を取得したのち使用する。
    技術基準適合証明を取得したのち使用する。
仕様
特性
テクノロジー Bluetooth
デバイスコア 32ビットQuark
プロセッサ種類 MCU
取扱終了