接着剤

壊れた家具の修理、新しいDIYプロジェクトの作成、要求の厳しい工業作業の実施など、あらゆる接着用途に対して、RSではさまざまな接着ソリューションをご提供しています。シアノアクリレートからスティックのり、スプレー、埋込用樹脂に至るまで、さまざまなものを取り揃えています。LoctiteやAralditeなどの主要メーカーの他、自社ブランドのRS Proの製品もご提供しています。

のり / 接着剤の種類

のり / 接着剤の特性によって、用途が異なる場合があります。装飾、家庭用品の修理、DIY作業のための実用的なものもあれば、より抵抗力が強く、自動車メンテナンスなどの大規模な工業用途に最適なものもあります。

市場で最も一般的なのり / 接着剤はポリマー樹脂です。この接着剤は、重合反応の結果として、液体の状態で含まれる接着物質が硬化して接着するため、このように呼ばれています。一般的な接着剤の種類:

  • アクリル
  • 導電性
  • シアノアクリレート: 一般に「スーパーグルー」と呼ばれ、通常は瞬時に防水接着を実現します。
  • エポキシ樹脂: 強力で防水性のある接着作用を特徴とする合成樹脂です。
  • ポリエステル樹脂(別名: 接触樹脂)。
  • ポリウレタン
  • ポリビニール
その他の種類の接着剤:
  • スプレー: 広い面に接着剤を均一に塗布する場合に便利
  • 表面実装とシリコン: 特に極端な高温への耐性あり
  • 熱: 熱伝導性と電気的絶縁性

どうすればのり / 接着剤の有効性を改善できますか?

のりを最大限に活用するために、さらにさまざまな道具を使用できます。たとえば、接着剤ブラシは、より広い面に接着剤を均一に塗布する場合に便利です。一方で、アクティベータ、ディアクティベータ、スレッドロッカーは接着力を調整します。

硬化、つまり化学反応又は物理的作用の後に安定した結合を形成することは、接着の中核作用です。のり / 接着剤の効率を最適化するためのアクセサリがあります。たとえば、アクティベータは、接着剤の強度を損なわずに成分の硬化速度を向上させます。その逆の効果が得られるのはデボンダです。これは名前が示すとおり接着力を弱めるもので、接着したものを剥がす際に削ったような跡がつきません。ねじロック剤はねじ緩み止め剤とも呼ばれ、自然な緩み、漏れ、腐食を防止するために役立ちます。

2枚の布の接着に使用できる接着剤はどれですか?

特別に設計された繊維接着剤がない場合には、ポリエステル樹脂やアクリル樹脂が、木材、プラスチック、セラミック、金属、段ボールなどの素材に対する耐性があるため、最適な選択肢となります。