型番

サウンダ・ビーコン

機械やプロセスの適切な動作に不可欠な、 オートメーション信号には、オペレータに機械プロセスの現在のステータスを知らせたり、アラートを発したりする、サイレンなどのサウンダやビーコンなどがあります。多くの場合、機械や機器が人に危険を及ぼすおそれがある職場や公共の場所で、さまざまな信号システムがコンプライアンスの要件となっています。

緊急時照明から警告ブザーに至るまで、 オートメーション信号は、作業場や機器のさまざまな用途に対応します。主な目的は、作業環境のユーザー又は人員が、電気機械式の機械の動作状態を容易に識別できるようにして、 効率性を向上し、職場の安全性を確保することです。信号タワーなどのコンポーネントは、オートメーションや制御プロセスで、 停止、 起動、 又は動作の不具合をすばやく目視により確認するために使用されます。

建設、 自動車、航空など、さまざまな商業及び産業分野で使用される当社の幅広いサウンダやビーコンで、従業員の安全を確保してください。

サウンダ及びビーコンの種類

  • 回転 - 回転して点滅の効果を発揮する、連続して点灯する電球を装備しており、 移動中の車両や緊急の機械プロセスに注意を引くのに最適です。
  • 点滅 - 点滅する電球を装備しており、 回転式ビーコンと利点や目的が同じです。
  • 点滅ストロボ - 高速で、 規則的に光が点滅し、暗い場所や屋外で便利な場合があります。

使用する電球の種類は、ハロゲンビーコン、 キセノンビーコン又はLEDビーコンを選択するかどうかによって異なります。各種類の電球には、視認性や長寿命性に関するさまざまな利点があります。オートメーションや信号伝達のソリューションで設置する場合は、 環境に最適で、費用対効果が高く、エネルギー効率に優れている種類を選択するようにしてください。

サウンダとビーコンのさまざまな用途

  • 火災警報及びセキュリティアラーム
  • 機械の故障
  • 倉庫内でのフォークリフトなどによる移動
  • ガス検知
  • 救急サービス
  • 鉄道輸送システム

サウンダとビーコンは、屋内外で利用できますが、 屋外で使用する場合は、環境に適した視認性のある耐候性タイプを選択する必要があります。

サウンダビーコンの対応範囲はどれくらいですか?

通常は、 サウンダビーコンの可聴範囲では、周囲の騒音レベルより5~15デシベル高くなります。サウンダビーコンの対応範囲を確認する際は、多くの考慮事項があり、 一般的な職場の音声よりも大きな音で、 施設内のすべての必要な場所で聞こえる必要があります。