検索キーワード履歴
    コンタクタ+200

    電磁接触器(コンタクタ)

    電磁接触器(コンタクタ)は、コイルの電磁力によって接点の開閉を行う装置です。プランジャ形のリレーを大型にした構造で、電流容量の大きい主接点と小電流用の補助接点を備えています。

    電磁接触器の動作原理

    コンタクタは、主に接点部、電磁石部、外部接続端子で構成されています。電磁コイルに電流が流れることで磁力が発生し、その磁力により可動鉄片が動き、接点が直接又は間接的に開閉します。一般的に荷電流の異常を検知することができる過電流継電器(サーマルリレー)と組み合わせて電磁開閉器(マグネットスイッチ)として使用されます。

    電磁接触器の用途

    電磁接触器は、遠隔操作によって主回路の開閉を行い、機器を始動させたり停止させたりすることが可能です。電気モーターや、電熱器、照明システムなど、幅広い用途で用いられています。

    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数