型番
電子部品、電源、コネクタ
電気、制御部品、ケーブル
機械製品、工具
IT、テスト、安全機器

ライトカーテン

セーフティライトカーテンは、セーフティライトバリア又はセーフティライトスクリーンとも呼ばれています。この光電子機器は、稼働している機械の近くに人がいることを検出するために使用されます。ライトカーテンは、機械によるバリアや他の形態の従来の機械ガードの代わりに使用できます。ライトカーテンのセットには、トランスミッタヘッドとレシーバヘッドが用意されています。トランスミッタは、検出ゾーンとして機能する2つのヘッドの間に赤外線を生成します。検出ゾーン内で動きが検出されると、機械停止の手順を開始し、自動的に危険な機械をすべて停止します。

機械を再び有効にするには、 オペレータが危険領域の外にあるリセットボタンを押す必要があります。一部のモデルには、検出ゾーンから障害物がなくなると自動的に機械を始動する自動リセットオプションが搭載されています。すべてのライトカーテンの応答時間は瞬時で、 他のタイプのバリアとは比較になりません。

適切なライトカーテンの選択

最大スキャン距離とビーム解像度は、適切な装置を決定するための2つの重要な属性です。トランスミッタとレシーバの間の距離は0 → 20 mで、カーテンと組み合わせて使用する機械の種類に応じて選択します。

ビーム解像度によって検出機能が決定され、 ビーム解像度14 mmのライトカーテンは、指のような小さな部位を検出でき、 20 mmタイプは、手のひらの検出に適しています。20 mm以上のビーム解像度は手、 頭部又は全身の検出に最適です。一般的なビーム解像度の値は14 → 70 mmです。

カーテンの物理的なサイズも重要です。手と同じほど小さいモデルや長さが2.5 mのモデルもあります。

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数