センサ

RSでは、 汎用モデルからRFID及びIO-Linkモデルに至るまでさまざまなセンサを取り揃えています。RSの製品群には、検出と測定、 スマートオートメーション、 きめ細かい監視に使用する高性能かつ高精度のセンサソリューションが用意されています。

この製品群にはどのようなセンサがありますか?

センサは、さまざまな種類のエネルギーを検出して測定し、読み取り可能な出力に変換できます。 したがって、異なる測定目的に応じたさまざまな種類の製品が用意されています。 例:

  • サーマルセンサ - 温度センサと呼ばれることもあり、 特定の温度又は温度範囲を測定するように設定できます。一般に環境コンプライアンスに使用され、 自動化ACユニットなど、湿度センサ用途の主要なコンポーネントとしても使用できます。
  • 近接センサ - モーションセンサは、超音波センサとして機能し、 音波を使用して対象物までの近接性を特定できます。静電容量型近接センサは、電磁波を使用して、金属製の物体までの近さを特定するためのもので、 食品安全環境でよく使用されています。
  • 流量センサ - このセンサは、流体の流動力を測定するためのものです。
  • 圧力センサ - 気体又は液体の物理的圧力を感知するためのもので、 空圧用途や油圧用途に使用できます。
  • 光電センサ - 光学センサと呼ばれることもある 光電センサは、電磁放射ビームを使用して、物体の存在及び位置を検出します。スルービームセンサ、 再帰反射センサ及び拡散センサとして使用できます。
  • ライト / カラーセンサ - 一般に光を当てて反射光を測定することで作動する光学センサの一種である ライト / カラーセンサは、色や色合い、 又はその有無を正確に特定します。ライトセンサ、カラーセンサ、コントラストセンサは、一貫した材料の流れを確保するために、オートメーションや制御機械でよく使用されています。
  • モーションセンサ - 動きの検出に使用される幅広いカテゴリのセンサで、 多くの場合、 PIRセンサなど赤外線が使用されています。

スマートセンサとは

インダストリ4.0とIoT (モノのインターネット)は、自動化システムの革命と進化をもたらしています。IO-Linkは、異なるメーカーの機械が相互に通信できるようにするための、世界的に認められたセンサのネットワーク規格です。スマートセンサは、通常のセンサと同じ測定用途を果たし、自己識別、 テスト、 検証、 学習などのスマート機能によって制御が強化されています。ライブデータの提供、 機械間の通信の確立、自力対応での問題の診断と修正を支援し、効率性を向上させます。