検索キーワード履歴

    センサ

    センサとは、物理的、化学的な現象を電気信号やデータに置き換える素子や装置です。センサは現代社会のあらゆる分野で使われています。ファクトリーオートメーションなどの産業分野をはじめ、航空機や自動車などの交通システム、家電、さらにはパソコン、スマートフォン、デジタルカメラなどのデジタル機器にも使われています。


    センサの種類:


    センサが収集し、置き換える信号(物理量)には、温度、光、色、力、磁気、速度、加速度 などさまざまなものがあります。測定する物理量によって、センサが分類されています。



    ひずみゲージ - ひずみゲージは、対象物の歪と力を測定するセンサです。


    圧力センサ - 気体や液体の物理的圧力を感知するためのセンサで、 空圧用途や油圧用途に使用できます。


    流量センサ - これは、流体の流動力を測定するためのセンサです。


    振動


    振動センサ - 振動センサは、圧電センサとも呼ばれ、設備・機械の異常や振動状態をリニア出力で計測可能なセンサです。


    温度


    温度センサ - 特定の温度又は温度範囲をを測定するためのセンサです。非接触型と接触型に大きく分けられます。


    熱電対 - 熱電対は、2種類の金属線の先端同士を接触させて回路を作り、接合点に発生する熱起電力を通じて温度差を測定するものです。


    RTDセンサ - RTDセンサは、温度変化によって内部の抵抗値が変化するセンサです。


    赤外線温度センサ - 赤外線温度センサは、測定対象の表面に触れる必要がないため、あらゆる環境での温度測定に対する非常に効率的なソリューションです。



    光電センサ - 光学センサと呼ばれることもあります。光電センサは、電磁放射ビームを使用して、物体の存在と位置を検出します。


    RSコンポーネンツは、測定・検出する物体や使用環境、設置条件など多様なニーズに応じた、異なる種類のセンサ製品とそのアクセサリを豊富に取り揃えています。