検索キーワード履歴

    焦電センサ

    近接センサは、対象物が近づいてきたことを非接触で検出するセンサです。従来のマイクロスイッチやリミットスイッチなどの接触式検出方式の代替として、物理的な接触を行うことなく対象物を検出できるセンサです。

    RSはオムロン、キーエンス、パナソニックなど、国内外有名メーカの近接センサを豊富に取り揃えています。選択する際には、必要に応じて適切な製品を選択してください。

    近接センサの種類

    近接センサは、電気エネルギを利用して対象物を検出します。検出方式による分類すると、誘導型、静電容量型、電磁型の3種類があります。

    • 誘導型 ‐ 電磁誘導により検出対象となる金属体に発生する渦電流を利用して検出します。
    • 静電容量型 ‐ 金属又は誘電体の接近による電気的な容量の変化に応じて検知します。
    • 電磁型 ‐ 磁石やリードスイッチを利用して検出対象である永久磁石の接近を検出します。

    用途

    近接センサは機械的なスイッチにくらべて高速化、長寿命化、高信頼性化などの利点があるため、以下のような用途によく使用されています。

    • 繊維・木工・包装機械
    • 輸送やコンベアのシステム
    • 自動車産業
    絞り込み
    並び替え
    1 1
    ページあたりの結果数