検索キーワード履歴
    5556T2L

    センサ / アクチュエータケーブル

    センサケーブルアセンブリは、産業オートメーション及び制御用途で使用されるケーブルです。ネットワークを介して通信し、デバイス間でデータを安全に配信するために使用されます。組み立て済みのケーブルは多くの場合、近接センサ、 スイッチやトランスジューサとともに使用されます。

    RSコンポーネンツでは、幅広い高品質なケーブルアセンブリを、Phoenix Contact、 Harting、 Molex、 Lumberg、 Telemecanique及びもちろんRS PROなどの業界をリードするブランドから取り揃えています。

    センサケーブルとアクチュエータケーブルは、どのような用途に使用されますか?

    アクチュエータセンサケーブルは、あるデバイスから別のデバイスへデータ、 信号や情報を伝送するために使用されます。安全な接続と機器及び機械の効果的な動作のために不可欠です。ケーブルは、多くの場合、ケーブルハーネスやコンジットに入れて使用し、紫外線、 振動、 化学薬品への曝露、摩耗や湿気の影響から保護されます。

    センサケーブルの構造

    多くの場合、 センサケーブルは過酷な産業環境で使用されているため、 ケーブルは堅牢、 強靭、柔軟である必要があります。外部シースは耐久性と耐性に優れいなければならず、 コネクタは固定され、ぴったり合う必要があります。ケーブルは水や埃の侵入から保護するためにIP67等級が使用できます。また、 EMIからの保護を強化するためにシールドできます。

    シースの素材 - ケーブルの外部ジャケットは、PVC、 PUR 、 TPE、 TPU又はハロゲンフリーなど幅広い素材が利用できます。ケーブルの使用場所によっては、アセンブリの選択に影響します。

    コネクタの種類 - センサコネクタには、ストレートプラグ又はアングルプラグ又はソケットがあります。一般的なセンサコネクタのタイプには、M5、 M8、 M12及びM23丸形コネクタがあります。コネクタには、ポール形式のものもあり、 3P、 4P及び5P付きが最も一般的に使用されています。

    ケーブルサイズ - センサアクチュエータケーブルには幅広いサイズがあります。ケーブルのサイズは、通常、CSA又は断面積で見積もられます。

    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数