検索キーワード履歴

    スピーカー

    ホーンスピーカーは一般に、ラウドスピーカーとも呼ばれています。劇場、講堂、競技場などの大規模な会場で、一般的に場内アナウンスに使用されています。

    ホーンスピーカーの形状
    ホーンスピーカーの主な特性はその形状です。喉に当たる部分がスピーカーに接続され、首に当たる部分がホーンの長さ、そして口に当たる部分が空中に接する端部です。一般的なホーンの特性は次のとおりです。
    • 放物線状の円錐形タイプは、デザインが容易だが、低インピーダンス変換
    • 指数関数線状タイプは、優れた広帯域のインピーダンス変換を実現するが、やや非線形
    • 双曲線状タイプは、優れた高インピーダンス変換を実現するが、比較的非線形
    • 階段状タイプは、高インピーダンス変換を実現するが、段の分解能に応じて非線形
    ホーンスピーカーはスイベルブラケットを備え、耐候性及び高耐久性で、屋内外に簡単に取り付けられます。

    ホーンスピーカーの仕組み
    ホーンスピーカーは、前後に往復して空気を押し出す放射状のダイアフラムを備えています。ダイアフラムがより大きくなると、より多くの空気が移動し、したがって音響エネルギーが増大します。
    ホーン自体は、直径が段階的に異なります。ホーンの喉に当たる部分の音源は、ホーン内の空気を振動させ、ホーンの口に当たる部分から出てソフトなサウンドをより大きく鳴らします。

    ホーンスピーカーのタイプ
    • 双方向 - 双方向プロジェクション用のツインリエントラントホーン
    • ワイドな分散 - 旋回可能なホーンフレア、耐候性
    • リエントラント - 耐候性、危険な環境での用途に対応する耐破壊性
    • 防爆性 - 信号及び通信システムに対応
    • ページング - 照準の容易な設計で耐候性を備えた旋回台
    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数