プリンタ・印刷用品

20世紀初頭に初めてXeroxプリンタが登場して以来、プリンタは業務用環境だけでなく、日常の家庭生活でも普及が進んでいます。重要な書類を印刷する必要がある場合も、休暇中の写真を印刷するだけの場合も、望ましい効果を得るために信頼できるプリンタが何種類かあります。

どのような種類のプリンタがありますか?

  • ドットマトリックスプリンタ: インパクトマトリックスプリンタとも呼ばれ、名前が示すように、機械的な圧力によってピンを上下させてインクリボンを叩きます。出力ではドットが互いに密接に並んでいるので、より柔軟に文字を形作ることができます。このデザインとメカニズムは、現在では旧式のように見えますが、ドットマトリクスプリンタでは、カーボン紙を使用して複数のコピーを印刷できるので、コストを最小限に抑えることができます。
  • インクジェットプリンタ: おそらく現在では最もよく使用されていると思われます。コスト効率が良く、紙、プラスチック、その他の素材にデジタル画像を高速で印刷できます。インクジェットプリンタからの出力は、ドットマトリクスプリンタで作成された出力と似ていますが、ドット間のスペースが検出できないほど近接しているため、標準的な画像として認識されます。インクジェットプリンタには、スマートデバイスから印刷できるようにするWiFi接続が組み込まれていることがあります。
  • レーザープリンタ: 画質に関しては、レーザープリンタが第一の選択肢です。このプリンタは、静電気の力を利用して機能します。レーザービームでプリンター内のドラムに沿ってデータをスキャンした後、ページに粉末状インク(トナー)の粒子を引きつける静電気のパターンが作成されます。実際の印刷出力は、トナーを用紙に固定する永久定着ユニットにより得られます。
  • ポータブルプリンタ: モバイルプリンタとも呼ばれ、外出先でプリンタの機能を必要とする場合に最適なオプションです。バックパックに収納でき、一般にインク不要の印刷技術を採用しています。つまり、必要なメンテナンスは写真用紙の補充のみになります。
  • ラベルプリンタ: 粘着テープ又はタグに印刷する必要がある場合に最適なオプションです。インパクト式、レーザー式、サーマル式のメカニズムがありますが、サーマル式が最もよく使用されています。ラベルマーカーはラベルプリンタの一種で、ディスプレイとキーボードを一体化したセットです。そのため、入力用の外部コンピュータは不要です。

プリンタ用消耗品及びアクセサリ

プリンタを最大限に活用できるよう、豊富なアクセサリをご用意しています。当社では、エプソン、Brady、Hewlett Packard、Dymoなどのトップブランドと協力して、カートリッジ、リボン、トナー、テープ、インク、プリンタ用紙など、さまざまなプリンタ用消耗品をご用意しています。