型番
電子部品、電源、コネクタ
電気、制御部品、ケーブル
機械製品、工具
IT、テスト、安全機器

ピンヘッダピンソケット

ピンヘッダは、プリント基板上に取付ける端子(ピン、ソケット等)の総称です。ピッチは2.54mmmもしくは2.5mm、ピンの列数は1列または2列です。ストレートタイプと90°L字タイプがあります。約50〜60ピンあるので、必要なピン数に加工します。

ピンは回路端末としての役割の他、基板間に挟むことで基板のスペース確保や固定に使用します。片側ロングタイプは基板に対して垂直に、L型は横向きにピンを立てます。両側ロングタイプは、ブレッドボード上にピンを立てます。メスコネクタ同士の接続にも使うことが出来ます。

ソケットはピンを挿入する受側として回路を繋ぐ他、基板のスペース確保や固定に使用します。分割タイプは、ピンヘッダとの接続をします。ジャンパー線(オス)なども挿すことが出来ます。脚ロングタイプは、ロングピンとして使います。重ねて接続することで基板の亀の子構造を作ることができます。

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数